Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第26話(巻2・第8話)晴明、蔵人少将を封ずる事

晴明封蔵人少将事

晴明、蔵人少将を封ずる事

むかし晴明、陣にまいりたりけるに、さき花やかにをはせて、殿上人のまいりけるをみれば、蔵人の少将とて、まだわかく花やかなる人の、みめまことにきよげにて車よりおりて、内にまいりたりける程に、この少将のうへに烏の飛びてとほりけるが、ゑどをしかけけるを、晴明、きとみて「あはれ世にもあひ、年などもわかくてみめもよき人にこそあんめれ。しきにううてけるにか。このからすはしき神にこそ有けれ」とおもふに、然べくて此少将のいくべき報やありけん、いとおしう晴明が覚えて、少将のそばへあゆみよりて「御前へまいらせ給か。さかしく申すやうなれども、なにかまいらせたまふ。殿は今夜えすぐさせ給はじとみたてまつるぞ。然べくてをのれにはみえさせ給つるなり。いざさせ給へ。物心みん」とて、ひとつ車にのりければ、少将わななきて「あさましき事哉。さらばたすけ給へ」とて、ひとつ車に乗て少将の里へいでぬ。

申の時斗の事にてありければ、かくいでなどしつる程に日も暮れぬ。晴明、少将をつといだきてみかためをし、又、なに事か「つぶつぶ」と夜一夜、いねもせず、こゑたえもせず読みきかせかぢしけり。秋の夜の長によくよくしたりければ、暁がたに戸を「はたはた」とたたきけるに「あれ人出してきかせ給へ」とてきかせければこの少将のあひ聟にて蔵人の五位のありけるも、おなじ家にあなたこなたにすへたりけるが、此少将をばよき聟とてかしづき、今ひとりをば、事の外に思おとしたりければ、ねたがりて陰陽師をかたらひて、しきをふせたりける也。

さて、その少将は死なんとしけるを、清明が見付けて、夜一夜祈りたりければ、そのふせける陰陽師のもとより人のきて「たかやかに心のまどひけるままに、よしなくまもりつよかりける人の御ために仰をそむかじとて、しきふせて、すでにしき神かへりてをのれただいましきにうてて死侍りぬ。すまじかりける事をして」と、いひけるを清明「これをきかせ給へ。夜部見付けまいらせざらましかば、かやうにこそ候はまじ」といひて、その使に人をそへやりてききければ「陰陽師はやがて死にけりとぞいひける。

しきふせさせける聟をば、しうとやがてをいすてけるとぞ。清明には、なくなく悦びておほくの事どもしても、あかずぞよろこびける。

たれとはおぼへず。大納言までなり給けるとぞ。

text/yomeiuji/uji026.txt · 最終更新: 2015/01/31 01:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa