Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第24話(巻2・第6話)厚行、死人を家より出す事

厚行死人ヲ家ヨリ出ス事

厚行、死人を家より出す事

むかし右近将監下野厚行といふ物ありけり。競馬によくのりにけり。帝王よりはじめまいらせて、おぼえことにすぐれたりけり。朱雀院の御時より村上の御門の御時なんどは、盛にいみじき舎人にて人もゆるし思けり。年たかくなりて、西京にすみけり。

隣なりける人俄に死けるに、此厚行とぶらひに行て、其子にあひて別の間の事共、とぶらひけるに「此死たる親を出さんに、門あしき方にむかへり。さればとて、さてあるべきにあらず。門よりこそ出すべき事にてあれ」といふをききて、厚行がいふやう「あしき方よりいださん事、ことに然べからず。かつはあまたの御子たちのため、ことにいまはしかるべし。厚行がへだての垣をやぶりて、それより出したてまつらん。かつはいき給たりし時ことにふれて情のみありし人や、かかるおりだにもその恩を報じ申さずは、なにをもてかむくひ申さん」といへば、子どものいふやう「無為なる人の家より出さん事あるべきにあらず。忌の方成とも、我門よりこそいださめ」と、いへども「僻事なし給そ。ただ厚行が門より出し奉ん」といひて帰ぬ。

我子どもにいふやう「隣のぬしの死たる、いとほしければ、とぶらひに行たりつるに、あの子どものいふやう『忌の方なれども、門は一なれば、これよりこそ出さめ』とわびつれば、いとおしく思て、中の垣を破て我門より出し給へといひつる」といふに、妻子どもききて「不思議の事し給親かな。いみじき穀たちの聖なりとも、かかる事する人やはあるべき。身思はぬといひながら、我家の門より隣の死人出す人やある。返返もあるまじき事也」とみないひあへり。

厚行「僻事ないひあひそ。ただ厚行がせんやうにまかせてみ給へ。物忌し、くすしくいむやつは命みじかく、はかばかしき事なし。ただ物いまぬは命もながく、子孫もさかゆ。いたく物いみ、くすしきは、人といはず恩をしり身を忘るるをこそ。人とはいへ、天道もこれをぞめぐみ給らんよしなきことないひあひそ」とて、下人どもよびて中の桧垣をただこぼちにこぼちて、それよりぞ出させける。

さて、その事世にきこえて殿原もあさみほめ給けり。さて厥后九十斗までたもちてぞ死ける。それが子どもにいたるまで、みな命ながくて、下野氏の子孫は舎人の中にもおぼえありとぞ。

text/yomeiuji/uji024.txt · 最終更新: 2015/01/30 23:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa