Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第20話(巻2・第2話)静観僧正、祈雨法験の事

静観僧正祈雨法験事

静観僧正、祈雨法験の事

今は昔、延喜の御時、旱魃したりけり。六十人の貴僧を召て、大般若経よましめ給けるに、僧ども黒烟を立て「しるしあらはさん」と、祈けれ共、いたくのみ晴まさりて、日つよくてりければ、御門を初て大臣、公卿、百姓、人民、この事より外の歎なかりけり。

蔵人頭を召よせて静観僧正に仰下さるるやう、「ことさら思食さるるやうあり。如是方々に御祈どもさせるしるしなし。座をたちて別に壁の本にたちていのれ。おぼしめすやうあれば、とりわき仰付るなり」と仰せ下ければ、静観僧正、其時は律師にて、上に僧都・僧正・上臈どもおはしけれども、面目かぎりなくて、南殿の御階よりくだりて、へいの本に北向に立て、香烟とりくびりて、額に香烟をあてて祈誓し給こと、見るひとさへくるしく思けり。

熱日のしばしもえさしいでぬに、涙をながし、黒煙をたてて、きせいし給ければ、香呂の烟空へあがりて、扇ばかりの黒雲になる。上達部は南殿にならび居、殿上人は宜陽殿に立てみるに、上達部の御前は美福門よりのぞく。かくのごとく見程に其雲むらなく大空にひきふたぎて、竜神震動し、電光大千世界にみち、車軸のごとくなる雨ふりて、天下忽にうるほひ、五穀豊饒にして万木果をむすぶ。見聞の人帰服せずといふ事なし。

さて、御門・大臣・公卿・等、随喜して僧都となし給へり。不思議の事なれば、すゑの世の物語とかくしるせるなり。

text/yomeiuji/uji020.txt · 最終更新: 2014/09/27 17:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa