ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji018

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
text:yomeiuji:uji018 [2014/09/27 17:20]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji018 [2017/12/20 23:56]
Satoshi Nakagawa [第18話(巻1・第18話)利仁、暑預粥の事]
ライン 6: ライン 6:
 **利仁、暑預粥(いもがゆ)の事** **利仁、暑預粥(いもがゆ)の事**
  
-今は昔、利仁の将軍のわかかりける時、其時の一の一の御に、恪勤して候けるに、正月に大饗せられけるに、そのかみ大饗はてて、とりばみ水いふ物をばよびて、いれずひて大饗のおろし米とて、給仕したる恪勤のものどもの食ける也。+===== 校訂文 =====
  
-その所に年比になりてきうたる物中には、所えたる五位ありけり。そのおろしこめて芋粥すすりて舌うちをして「あはれ、いかでいも粥にあかん」と、いひければとし仁これをききて「夫殿、いまだいもがゆせ給はずや」ととふ。五位いまだあき侍らず」とば、「あかせたまつりてんかし」といへば「かこく侍らん」とて、やみぬ+今は昔利仁(とひと)将軍((藤原利仁))の若かりける時、その一の人の御もとに、恪勤(かくごん)してひけるに正月に饗(だいきやう)せられける、そのみ、大饗果てて、取食み(りばみ)((取食みとは底本「りはみ水」。諸本により訂正。))ふ者を呼びて入れずして、大饗のおろとて、給仕したる恪勤の者どもの食ひけるなり
  
-日斗ありて、うしずみにてある所へ、利仁きていふ様「いざさせ給へ、湯あみに大夫殿」と、いへば「いとかしこ事かな。こよひ身のかゆく侍つるに。乗物こそは侍らね。」と、いへば「ここにあやの馬ぐして侍り」と、いへば「あなうれしあなうれし」と、いひて、《う》すわたのきぬ二斗に、あをにひのさしぬきのすそれたるに、おなじ色のかり衣のかたすこし落たるに、したの袴もきず鼻たかなるもののさきはあかて、穴のあたりればみたるは、すすはなをのごはぬなめりとみゆ。狩衣のうしろは、帯にひきゆりめられたるままに、引もつくろはぬはいみじうみぐるしおかしけれども、さきにたてて我も人も馬にのりて、河原ざまにうち出ぬ。五位のともには、あやしの童だになし。利仁がともには調度がけ、とねりざうしきひとりぞ有ける+その所に、年ごろになり、給したる者の中には、所得たるありけり。そのおろし米の座にて、芋粥すすりて、舌ちをして、「はれ、いかで芋粥に飽かん」と言ひれば、利仁、これを聞きて大夫殿、まだ芋粥に飽かせ給はずや」と問ふ。五位、「いまだ飽き侍ら」とへば飽かせ奉りてんかし」とへばこく侍らん」とて、やみぬ。
  
-河原打過粟田口にかるに「いずく」とへば、ただ「ここぞ、ここぞ」て山科も過ぬ「こはいかに。こぞ、ここぞ』とて山科もすぐつるは」とへば、「あし、あし」とて関山もぎぬ。「ここぞ、ここぞ」とて三井寺にしりる僧もとへゆたれ、「爰に湯わすとおもふだ物ぐしう遠かりけり」と思に、ここにも湯ありげにもなし。「いづら」といへば「まことつるがへいてたてまつるなり」といへば「物ぐおしうおはしける。京さとの給しかば、下人などもぐすべかりけるを」といへば利仁あざわらひ「とし仁独侍らばとおぼせ」と云。かく物など食て急出ぬ。そこてぞ利仁やなぐひとてをひける。+四・五日ばりありて、曹司住(ざうしず)みてありける所へ、利仁来て言ふやう、「いざさせ給、湯あみに。大夫殿」とへば、「いとかしことかな今宵身の痒く侍りつるに。乗り物そは侍らね。」と言へばここあやの馬具して侍り」とへば、「あなうれし、あなうれし」と言ひ、薄綿(う)衣(ぬ)二つばかに、青鈍(あをにび)の指貫の裾破れたるに、同じ色の狩衣の、肩少し落ちたる、下の袴着ず鼻高(なたか)なるものの赤み、穴のあたり濡ればみたるは、「すす鼻をのごはぬり」と見ゆ。狩衣の後ろは帯に引きゆがめられたままに、引きもつくろぬは、いみじう見苦。をしけれども、先に立てて、われもも馬に乗り、河原((鴨川))ざまにうちぬ。五位の供は、あしの童だにし。利仁が供には、調度がけ・舎人・雑色、一人ぞありける。
  
-かく行程にみつの浜狐の一はしり出たるをみてよきたより出きたり」と利仁狐ををしかくれば狐みをなげ逃れども、をひせめられてえげず落かかりて狐の尻足を取引あげ。乗たしこしともみえざりつれ共いみじき逸物てあければ、いくばくのばさずしてたる所に、此五位はしらせていきつきたれば、狐を引あげて云様はわ狐、よひの内利仁が家のつるがにまりていはむやうは『我に客人をぐしたてまつりてくる也。明日の巳の時高島辺にをのこどむかへに馬二鞍をきて二疋ぐしてまでこ』といへ。もしいはぬならば、わ狐、ただ心みよ。狐は変化あ物なれば、けふのちに行つきていへとてなてば、荒涼の使哉といふ「よし御らんぜよ。らでは、よにあらじ」と、いふにはやく狐み返しみ返しして前走行。「よくまかるなめ」と、いふあはせて、走先立てうせぬ+河原うち過ぎて、粟田口にかかるに、「いずくへぞ」と問へばただ「ここぞここぞ」と、山科過ぎぬ。「こはいかに。『ここぞここぞ』と、山科も過ぐしつるは言へば、「あしこ、あこ」て、関山過ぎぬ。「ここぞここぞ」とて、三井寺たる僧のもとへきたれば、「こ湯沸すと思ふだにも、るほしう((ほしう」は底本物ぐるしう」。諸本にり補う))遠りけり」とふに、ここも湯あもなし
  
-かくて其夜道に留りてつめて、とく出行程に、誠に巳時斗に卅騎斗こりてく物あ。「なににかあらん」とるに、ども「まうできたり」とへば、「不定の事哉」と云程に、ただちかにちかくて、はらはらとおるる程に「れみよ。誠おはしたるは」といへば、利仁うちほをえみ「何事ぞ」ととふ+「いづら、湯言へば「まこは敦賀へ率り」と言へば、「物ぐほしうおはしける。京て、さと、のたまはましかば、下人なども具すべかけるを」とへば、利仁、あざ笑ひて、「利仁、独り侍らば、千人と思せ」と言ふ。かくて、物など食ひて急ぎ出でぬ。そこにてぞ、利仁、胡籙(やなぐひ)取り負ひける
  
-おとなしき郎等、すすみて、「希有つる也」といふ。まづ馬はあ」といへば、「二疋さぶふ」と云食物などし来ければほどにおくふゐでにしき郎等のふやう「夜部、うの事のさぶらひ也。戌時斗大ばん所むねをりにりてやませ給しか『如何成事にか』とて『俄に僧めさん』など、さはがせ給し程に、てつから仰さぶらふやう『なにかさはがせ給。をのれは狐也。別ことなし。此《 》みつの浜殿下らせ給つる逢たてたりつるに、逃つれども先にげとらへられたてまつりたりつるに、『けふのうちわが家いきつきて、客人たてまつりてなんくだる。あす巳時に馬二鞍をきてぐして、をのこども高島のつにまいりあへへ。もし、けふのうちにきていはずば、からきめ見せんずるぞ』と、仰られつるり。をのこども、くとく出立てまいれ我は勘当かうぶりなん』と、をぢさがせ給つればをのこどもにめおほせさぶらひつれば例さまならせ給にき其後鳥とともに参さぶらひつ」と、いへば、利仁うちえみて五位あはすれば五位「あさまし」と思たり+かく行くほどに三津浜に、狐、走り出でたを見て、良き便り出で来たり」とて、利仁、狐を押しかくれば、狐、身を投げて逃ぐれども、追ひ責めれて、え逃げず落ちかかりて、尻足を取りて引き上げ。乗りたる馬はこしとも見えざりつれども、いみじ逸物(ちもつ)にてありれば、いくばくもて、捕へたる所、こ五位、走らせて行たれば、狐を引き上げふやうは「わ、今宵に、利仁が家敦賀にまりて、言はむやうは『にはかに客人を具りてなり明日の時に、高島辺に、男(をのこ)ども、迎へ馬に鞍置きて、二疋具してうで来(こ)』へ。もし、言はぬものならば、わ狐、ただこころみよ。狐は変化あるものなれば、今日のうちにきて言へ」とて放てば、「荒涼の使ひかな言ふ。「よし御覧ぜよ。まではよにあらじ」言ふに、はやく狐見返し見返して走り行く「よく、まかめり」と言ふにあはせて走り先き立ちて失せぬ
  
-物などて、急立て、くらぐらにつきぬ。「これみよ、まこと」と、あさみあひたり。五位は馬よりおりて、家のさまを見る、きわわしくめでたき事、物もにず、もきたきぬ二がうへに、利仁が宿衣きせたれども、身の中しすぎるべければ、いみじうさむげに思たるに、ながすびつに火をおほふおこしり。たたみあつらかにしきて、だ物くひ物しまうけて、たのしくおぼゆるに「道の程さむざむおはしてん」とねり色のきぬのわたあつらかなる三つひきかさねてもてきてうちひたるに、たのしはおろかなり+て、その夜道に留りて、つとめて、出でてくほどに、まことに巳時ばかに、三十騎ばかり、こりて来る者あり。「なににかあらん」るに、「男(のこ)ども、詣で来り」と言へば、「不定のことかな」と言ふほどに、ただ近(ち)なりて、はらはらと降るほどに「これ見よ。まことにおはしたるは」と言へば利仁、うちほほ笑みて「何ごぞ」と問ふ
  
-物くひして、ことしづまりたるにしうとの有仁いできていふやうこはいかでかくはわたせ給へるぞ。こあはせ御使のさま、物ぐおしう、うへ、にはかにやままつり給ふ。けう事也」いへば、利仁うち笑て心みんとおもてしたりつる事を、誠まうできて、つけて侍にこそあんなれといとも笑「希有の事也」といふ。「ぐらせ給ん人は此おはます殿御事か」といへば「さり。『芋粥いまだあか』とるれば『あかたてまつらん』とていてたてまつりたるいへばやすき物とも、えあかせ給はざりけるかな」とて、たはぶれば、五位「『東山に湯わかしたり』と人をはかりいでてかくの給なり」などいひたはぶれて、こし更ぬれば、しも入ぬ+おとなしき郎等、進みて、「希有(けう)のことの候ひつるなり」と言ふ。「づ、馬はあや」と言へば「二疋さぶらふ」言ふ。食ひ物などして来ければ、そほどに下り居て食ふついでに、おとなし郎等の言ふやう「夜べ希有のことのさぶひしなり戌時ばかりに、台盤所(だいばんどろ)の、胸をきりきりせ給ひしかば『いかがなことにか』とて、にはかに『僧召さん』など、騒が給ひしほどに、づから仰せさぶらふやう『何(なに)か騒がせ給ふ。れは狐なり。別のこなし。この五日((五日」は底本空白。諸本により補う。))、三津浜にて殿の下らせ給つるに逢ひ奉りたりつるに、逃げれども、え逃げで((「え逃げで」は、底本「先にけて」。諸本により訂正。))、捕られ奉りたりつるに『今日のちに、わが家に行き着き、『客人、具奉りなん下る。明日、巳時に、馬二にに鞍置きて、て、男(をこ)ども高島の津合へ』と言へもし、今日のうち行き着きて言はき目せんずるぞ』と仰せられるなり。をのこども、とくとく出で立ち。遅く参らば、われは勘当うぶなん』と、怖ぢ騒がせ給ひつればこどもに召し仰せさぶらひつれば、例ざまにならせにき。その後、鳥とともに参りさぶらひつるなり」と言へば利仁、うち笑みて、五位に見合はすれば、五位「あさま、思たり
  
-ね所とおぼしき所に五位入ねんとするに綿四五寸斗あるひたたれ((傍書 「宿衣カ」))あり。我もとのうすわたは、むかしう、なのあるにか、かゆ所もいでくるきぬなれば、ぬぎおきてねり色のきぬ三がうへに、のひたたひききてふしたる心らはぬに、気もあつべし。あせ水にてふしたるに、又、かたはらに人のはたらけば「たそ」と、とへば、「御し給へと候へば、まいりつる也」と、云。けはにくからねば、かきふせて風のすく所にふせたり。+物など食ひ果てて急ぎ立ちて、暗々(くらぐら)にきぬ。「これ見よ、まこと」と、あさみあひたり。
  
-かかに、物たかいふゑす「何事ぞ」ときけば、をのこのさけびて云やのへんの下人うけ給はれ。あす卯時に、切口三寸ながさ五尺芋各一筋づもてまいれ」といりけり。「あさましう、おほのにもいふ物哉」とききてね入ぬ+五位は馬より下りて、家のさまを見るに、にぎははしめでたきと、ものにも似ず着たる衣(ぬ)二つが上に利仁が宿衣着せたれども、身中しすきたるべれば、いみじう寒げに思ひたるに、長炭櫃(ながすつ)に火を多したり。畳、厚らかに敷きて、果物・食ひ物しまうけて、たしく思ゆるに、「道ほど、寒くおはしらん」とて、練色(ねりろ)の衣の、綿厚らかる、三つひき重ねて持て来て、ち覆ひたるに楽しとはなり
  
-暁がたにきけば庭に筵くおとのするを「なにわざするにかあらん」ときくにばんよりじめておき立てゐたるほどに、蔀あけたるに、見れば、なかむしろを四五枚敷たる「なにのらん」と程にげす男の木のやなる物を、かうちかけてきて、一すぢをきていぬ其後、うちつづきもきつつをくをれば、誠に口二三寸斗のいもの五六尺ばかるを、一すぢづつも、をくすれど、巳時までをきければ、ゐたるやとひとしくをきしつ+物食ひなどして、こと静まりに、舅()有仁出で来て言ふやう、「こいかでかくはわらせ給へるぞ。れにあはせて御使のさま、物ぐほしうて上(へ)にはかに病ませ奉り給ふ希有のことなり」といへば、利仁、うち笑ひ「『物の心ん』と思ひてしたことを、まことに詣で来、告げ侍るにこそあんなれ」言へば、舅も笑て「希有のことなり」と言ふ
  
-夜部さけびしは、はやう「そのへある下人のかぎりに、物ひきす」人よびの岡とてあるつかのうへ《に》いふなりけり。ただ、そのこゑのをおよぶかぎりの、めぐりの下人ののもてくにだにばかりおほか。まして、たちるずさものおほさをおもやるべし。+「具奉らせ給ひつらん人は、このおします殿御事か」と言ば、「さ。『芋粥にいまだ飽ず』仰せらるれば『飽かせ奉らん』とて、たる言へばやすきもどもえ飽せ給はざかな」とてたはぶるれ、五位、「『東山に湯沸した』とて、人を謀出でて、かくのたまふなり」なたはぶれて、夜少更けぬれば、舅も入ぬ
  
-「あさま」とみたる程に石なはのかまを五六舁もてきて、庭にくゐどもうちてへわたしたり。「何のれうぞ」と、みに、しほきぬのあをといふ物きて帯して、わやうにきたなげなき女どもの、しろくたらしき桶に水を入て此釜どもにさくさくといなにぞ湯わかすか」と、みれば、此水とみるは、みせんなりけり。わかすおのこどもの、より手出したるうすらかな刀のながやなる十余人斗いできて、此いもをむきつつ、ぎりにきれば「はやく芋粥にるなりけり」と、みるに、くふき心ちもせず、かへりてはうとまく成にたり+寝所とおぼき所に、五位、入りて、寝んとするに、綿四・五寸ばある直垂((底本宿衣カ」と傍書))あり。わ薄綿はむつかしう((底本他諸本とも「むかしう」。文意により「つ」を補う。))何のあ、痒き所出で来衣なれば脱ぎ置きて、練色の衣三が上にこの直垂ひ着て臥した心、いまだらはぬに、気もあげつべし。
  
-さらさらとかへらかて「いもかゆいでうできにり」といふ。「まいせよ」《と》て、先大なるかはらけぐして、かねの提の一斗かり入ぬべきに三四に入て」ともてきたるにあきて一もをだにえくはず。「あきにたり」と、いへば、いみじうわらひて、あつまりてゐて「客人殿御とくに、いもかゆくひつ」と、いひあへり。+汗水にて臥たるに、また、傍に人のらけば、「誰(た)そ」と問へば「『御足給へ』と候へばつるなり」と言ふ。気配にくからねば、かき臥せて、臥せたり。
  
-かやうにするに、のなが屋の軒に狐のさしのぞきてたるを、利仁見つけて「かれ御らんぜよ。候し狐のげざんするを」とて、「かれに物はせよ」とひければ、はするに、うちひてけり。かくて、よろづの事たのしといへばおろか。一月ばかりありてのぼりけるに、けおさめのさうぞくどもあまたくだり、、ただの八丈わたきなど皮子どもに入てらせ、はじめの夜の直垂はたさらなり、馬に鞍きながらとらせてこそをくりけれ+かるほどに、物高く言ふ声す。「何事ぞ」と聞けば、男(をのこ)の叫びて言ふやう、「この辺(へん)の下人、承はれ。明日の卯の時、切り口三寸、長さ五尺の芋、おのおの一筋づつ持(も)て参れ」と言ふなりけり。「あさましう、おほのかにも言ふものかな」と聞きて、寝入りぬ。 
 + 
 +暁方に聞けば、庭に筵(むしろ)敷く音のするを、「何わざするにかあらん」と聞くに、小屋当番よりはじめて、起き立ちて居たるほどに、蔀(しとみ)上げたるに、見れば、長筵(ながむしろ)をぞ四・五枚敷きたる。「なに料にかあらん」と見るほどに、下種(げす)男の、木のやうる物を肩にうちかけて来て、一筋置きて去(い)ぬ。その後、うち続き持て来つつ置くを見れば、まことに口二・三寸ばかりの芋の、五・六尺ばかりなるを、一筋づつ持て来て、置くとすれど、巳時まで置きければ、居たる屋と等しく置きなしつ。 
 + 
 +夜べ叫びしは、はやう「その辺(へん)にある下人のかぎりに、物言ひ聞かす」とて、「人呼びの岡」とてある塚の上にて言ふなりけり。ただ、その声の及ぶ限りの、めぐりの下人の限りの持て来るにだに、さばかり多かり。まして、立ちのきたる従者どもの多さを思ひやるべし。 
 + 
 +「あさまし」と見たるほどに、五石なはの釜を、五六舁(かき)持て来て、庭に杭ども打ちて、据ゑわたしたり。「何の料ぞ」と見るほどに、しほきぬの襖(あを)といふ物着て、帯して、若やか((「若やか」は底本「わかやう」。諸本により訂正))に汚なげなき女どもの、白く新しき桶に水を入れて、この釜どもにさくさくと入る。「何ぞ、湯沸かすか」と見れば、この水と見るは、味煎(みせん)なりけり。沸かす男(おのこ)どもの、袂より手出だしたる、うすらかなる刀の、長やかなる持たる、十余人ばかり出で来て、この芋を剥きつつ、すき切りに切れば、「はやく、芋粥煮るなりけり」と見るに、食ふべき心地もせず、かへりてはうとましくなりにたり。 
 + 
 +さらさらとかへらかして、「芋粥、出で詣で来にたり」と言ふ。「参らせよ」とて、まづ大きなる土器(かはらけ)具して、金(かね)の提(ひさげ)の一斗ばかり入りぬべきに、三・四に入れて、「且(かつ)」とて持て来たるに、飽きて、一盛りをだにえ食はず。「飽きにたり」と言へば、いみじう笑ひて、集まりて居て、「客人殿の御徳に、芋粥食ひつ」と言ひあへり。 
 + 
 +かやうにするほどに、向ひの長屋の軒に狐のさしきてたるを、利仁「かれ御ぜよ。候し狐の見参(げざん)するを」とて、「かれに物はせよ」とひければ、はするに、うちひてけり。 
 + 
 +かくて、よろづのこと、楽しといへばおろかなり。一月ばかりありてりけるに、褻()・納めの装束(さうぞく)どもあまたくだり、また、ただの八丈・綿(わた)・絹(ぬ)など皮子どもに入らせ、はじめの夜の直垂はたさらなり、馬に鞍きながら取らせてこそ送りけれ。 
 + 
 +きう者なれども、所につけて、年ごろになりてゆるされたる者は、さる者の、おのづからあるなりけり。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  今は昔利仁の将軍のわかかりける時其時の一の人の御本に恪勤し 
 +  て候けるに正月に大饗せられけるにそのかみ大饗はててりはみ水いふ 
 +  物をはよひていれすして大饗のおろし米とて給仕したる恪勤の 
 +  ものともの食ける也その所に年比になりてきうしたる物の中には所え/19オy41 
 + 
 +  たる五位ありけりそのおろしこめの座にて芋粥すすりて舌うちを 
 +  してあはれいかていも粥にあかんといひけれはとし仁これをききて大夫殿 
 +  いまたいもかゆにあかせ給はすやととふ五位いまたあき侍すといへはあ 
 +  かまつりてんかしといへはかしこく侍らんとてやみぬさて四五日斗 
 +  ありてさうしすみにてありける所へ利仁きていふ様いささせ給へ湯 
 +  あみに大夫殿といへはいとかしこき事かなこよひ身のかゆく侍つるに 
 +  乗物こそは侍らねといへはここにあやしの馬くして侍りといへはあなう 
 +  れしあなうれしといひてうすわたのきぬ二斗にあにひのさしぬきのすそ 
 +  やれたるにおなし色のかり衣のかたすこし落たるにしたの袴もきす 
 +  鼻たかなるもののさきはあかみて穴のあたりぬれはみたるはすすは 
 +  なをのこはぬなめりとみゆ狩衣のうしろは帯にひきゆかめられたるまま 
 +  に引もつろはぬはいみしうみくるしおかしけれともさきにたてて我も 
 +  人も馬にのて河原さまにうち出ぬ五位のともにはあやしの童たになし/19ウy42 
 + 
 +  利仁かともには調度かとねりさうしきひとりそ有ける河原打過 
 +  て粟田口にかかるにいすくへそととへはたたここそここそとて山科も過ぬ 
 +  こはいかにここそここそとて山科もすくしつるはといへはあしこあしことて関山も 
 +  すきぬここそここそとて三井寺にしりたる僧のもとへゆきたは爰に湯 
 +  わかすとおもふたにも物くるしう遠かりけりと思にここにも湯あ 
 +  りけにもなしいつらゆはといへはまことはつるかへいてたてまつる 
 +  なりといへは物くるおしうおはしける京にてさとの給はましかは下人 
 +  なともくすへかりけるをといへは利仁あさわらひてとし仁独侍らは 
 +  千人とおほせと云かくて物なと食て急出ぬそこにてそ利仁 
 +  やなくひとりてをひけるかくて行程にみつの浜に狐の一はしり出 
 +  たるをみてよきたより出きたりとて利仁狐ををしかくれは狐みを 
 +  なけて逃れともをひせめられてえにけす落かかりて狐の尻足を 
 +  取て引あけつ乗たる馬はいとかしこしともみえさりつれ共いみしき逸物/20オy43 
 + 
 +  にてありけれはいくはくものはさすしてとらへたる所に此五位はしらせていき 
 +  つきたれは狐を引あけて云様はわ狐こよひの内に利仁か家のつるかに 
 +  まかりていはむやうは俄に客人をくしたてまつりてくたる也明日の 
 +  巳の時に高島辺にをのこともむかへに馬二鞍をきて二疋くしてま 
 +  うてこといへもしいはぬ物ならはわ狐たた心みよ狐は変化ある物なれは 
 +  けふのうちに行つきていへとてはなては荒涼の使哉といふよし御らん 
 +  せよまからてはよにあらしといふにはやく狐み返しみ返しして前に走行よく 
 +  まかるめりといふにあはせて走先立てうせぬかくて其夜は道に留りて 
 +  つとめてとく出て行程に誠に巳時斗に卅騎斗こりてくる物あり 
 +  なににかあらんとみるにをのこともまうてきたりといへは不定の事哉 
 +  と云程にたたちかにちかく成てはらはらとおるる程にこれみよ誠におはしたる 
 +  はといへは利仁うちほをえみて何事そととふおとなしき郎等すすみて 
 +  希有の事の候つる也といふまつ馬はありやといへは二疋さふらふと云食物/20ウy44 
 + 
 +  なとして来けれはそのほとにおりゐてくふつゐてにおとなしき郎 
 +  等のいふやう夜部けうの事のさふらひし也戌時斗に大はん所のむねを 
 +  きりにきりてやませ給しかは如何成事にかとて俄に僧めさんなとさは 
 +  かせ給し程にてつから仰さふらふやうなにかさはかせ給をのれは狐也別の 
 +  ことなし此□みつの浜にて殿の下らせ給つるに逢たてまつりたりつるに 
 +  逃つれとも先にけてとらへられたてまつりたりつるにけふのうちにわか家に 
 +  いきつきて客人くしたてまつりてなんくたるあす巳時に馬二に鞍をきて 
 +  くしてをのことも高島のつにまいりあへといへもしけふのうちにいきつ 
 +  きていはすはからきめ見せんするそと仰られつるなりをのこともとく 
 +  とく出立てまいれ遅まいらは我は勘当かうふりなんとをちさはかせ給つ 
 +  れはをのこともにめしおほせさふらひつれは例さまにならせ給にき其後 
 +  鳥とともに参さふらひつる也といへは利仁うちえみて五位にみあはすれは五 
 +  位あさましと思たり物なとくひはてて急立てくらくらに行つきぬこれ/21オy45 
 + 
 +  みよまことなりけりとあさみあひたり五位は馬よりおりて家のさまを 
 +  見るににきわわしくめてたき事物にもにすもときたるきぬ二かうへに 
 +  利仁か宿衣をきせたれとも身の中しすきたるへけれはいみしうさむけに 
 +  思たるになかすひつに火をおほふおこしたりたたみあつらかにしきてく 
 +  た物くひ物しまうけてたのしくおほゆるに道の程さむくおはしつらん 
 +  とてねり色のきぬのわたあつらかなる三つひきかさねてもてきて 
 +  うちおほひたるにたのしとはおろかなり物くひなとしてことしつまり 
 +  たるにしうとの有仁いてきていふやうこはいかてかくはわたらせ給へるそ 
 +  これにあはせて御使のさま物くるおしうてうへにはかにやませたてまつり 
 +  給ふけうの事也といへは利仁うち笑て物の心みんとおもひてしたり 
 +  つる事を誠にまうてきてつけて侍にこそあんなれといへはしうとも 
 +  笑て希有の事也といふくしたてまつらせ給つらん人は此おはします 
 +  殿の御事かといへはさに侍り芋粥にいまたあかすと仰らるれはあかせたて/21ウy46 
 + 
 +  まつらんとていてたてまつりたるいへはやすき物ともえあかせ給はさり 
 +  けるかなとてたはふるれは五位東山に湯わかしたりとて人をはかりいてて 
 +  かくの給なりなといひたはふれて夜すこし更ぬれはしうとも入ぬ 
 +  ね所とおほしき所に五位入てねんとするに綿四五寸斗ある 
 +  ひたたれ(宿衣歟)あり我もとのうすわたはむかしうなにのあるにかかゆき所も 
 +  いてくるきぬなれはぬきおきてねり色のきぬ三かうへにこのひたたれ 
 +  ひききてふしたる心いまたならはぬに気もあけつへしあせ水にてふし 
 +  たるに又かたはらに人のはたらけはたそととへは御あし給へと候へはまいり 
 +  つる也と云けはひにくからねはかきふせて風のすく所にふせたり 
 +  かかる程に物たかくいふこゑす何事そときけはをのこのさけひて云 
 +  やうこのへんの下人うけ給はれあすの卯時に切口三寸なかさ五尺の芋 
 +  各一筋つつもてまいれといふなりけりあさましうおほのかにもいふ物哉 
 +  とききてね入ぬ暁かたにきけは庭に筵しくおとのするをなにわさする/22オy47 
 + 
 +  にかあらんときくにこやたうはんよりはしめておき立てゐたるほ 
 +  とに蔀あけたるに見れはなかむしろをそ四五枚敷たるなにのれう 
 +  にかあらんとみる程にけす男の木のやうなる物をかたにうちかけてきて 
 +  一すちをきていぬ其後うちつつきもてきつつをくをみれは誠に口二三 
 +  寸斗のいもの五六尺はかりなるを一すちつつもてきてをくとすれと 
 +  巳時まてをきけれはゐたるやとひとしくをきなしつ夜部さけひ 
 +  しははやうそのへんにある下人のかきりに物いひきかすとて人よひの 
 +  岡とてあるつかのうへにていふなりけりたたそのこゑのをおよふかきり 
 +  のめくりの下人のかきりのもてくるにたにさはかりおほかりましてたち 
 +  のきたるすさとものおほさをおもひやるへしあさましとみたる程に 
 +  五石なはのかまを五六舁もてきて庭にくゐともうちてすへわたし 
 +  たり何のれうそとみる程にしほきぬのあをといふ物きて帯して 
 +  わかやうにきたなけなき女どもの、しろくあたらしき桶に水を入て/22ウy48 
 + 
 +  此釜ともにさくさくといるなにそ湯わかすかとみれは此水とみるはみ 
 +  せんなりけりわかすおのこともの袂より手出したるうすらかなる刀の 
 +  なかやかなるもたるか十余人斗いてきて此いもをむきつつすききり 
 +  にきれははやく芋粥にるなりけりとみるにくふへき心ちもせすかへりて 
 +  はうとましく成にたりさらさらとかへらかしていもかゆいてまうてきに 
 +  たりといふまいらせよとて先大なるかはらけくしてかねの提の一斗は 
 +  かり入ぬへきに三四に入て且とてもてきたるにあきて一もりをたにえ 
 +  くはすあきにたりといへはいみしうわらひてあつまりてゐて客人殿の 
 +  御とくにいもかゆくひつといひあへりかやうにする程に向のなか屋の軒 
 +  に狐のさしのそきてゐたるを利仁見つけてかれ御らんせよ候し狐 
 +  のけさんするをとてかれに物くはせよといひけれはくはするにうちく 
 +  ひてけりかくてよろつの事たのしといへはおろか也一月はかりありて 
 +  のほりけるにけおさめのさうそくともあまたくたり又たたの八丈/23オy49 
 + 
 +  わたきぬなと皮子ともに入てとらせはしめの夜の直垂はたさ 
 +  らなり馬に鞍をきなからとらせてこそをくりけれきう者なれ 
 +  とも所につけて年比になりてゆるされたるものはさるもののをの 
 +  つからある也けり/23ウy50
  
-きう者なれども所につけて年比になりてゆるされたるものは、さるもののをのづからある也けり。 


text/yomeiuji/uji018.txt · 最終更新: 2017/12/20 23:56 by Satoshi Nakagawa