ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji016

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji016 [2017/12/20 23:55]
Satoshi Nakagawa [第16話(巻1・第16話)尼、地蔵見奉る事]
text:yomeiuji:uji016 [2019/12/04 11:28] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 14: ライン 14:
 尼は、「地蔵、見参らせん」とて居たれば、親どもは心も得ず、「など、『この童を見ん』と思ふらん」と思ふほどに、十ばかりなる童の来たるを、「くは、地蔵よ」と言へば、尼、見るままに、是非も知らず、伏しまろびて、拝み入りて、土にうつぶしたり。 尼は、「地蔵、見参らせん」とて居たれば、親どもは心も得ず、「など、『この童を見ん』と思ふらん」と思ふほどに、十ばかりなる童の来たるを、「くは、地蔵よ」と言へば、尼、見るままに、是非も知らず、伏しまろびて、拝み入りて、土にうつぶしたり。
  
-童、を持ちて遊びけるままに来たりけるが、そのずはゑして、手すさみのやうに額を掻けば、額より顔の上まで裂けぬ。裂けたる中より、えもいはずめでたき地蔵の御顔、見え給ふ。+童、楚(すえ)を持ちて遊びけるままに来たりけるが、そのして、手すさみのやうに額を掻けば、額より顔の上まで裂けぬ。裂けたる中より、えもいはずめでたき地蔵の御顔、見え給ふ。
  
 尼、拝み入りて、うち見上げたれば、かくて立ち給へれば、涙を流して、拝み入り参らせて、やがて極楽へ参りにけり。 尼、拝み入りて、うち見上げたれば、かくて立ち給へれば、涙を流して、拝み入り参らせて、やがて極楽へ参りにけり。


text/yomeiuji/uji016.txt · 最終更新: 2019/12/04 11:28 by Satoshi Nakagawa