Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第16話(巻1・第16話)尼、地蔵見奉る事

尼地蔵奉見事

尼、地蔵見奉る事

校訂本文

今は昔、丹後国に老尼ありけり。「地蔵菩薩は暁ごとに歩(あり)き給ふ」といふことを、ほのかに聞きて、暁ごとに、「地蔵見奉らん」とて、ひと世界をまどひ歩くに、博打(ばくち)の、うち呆(ほう)けて居たるが見て、「尼君は寒きに、なにわざし給ふぞ」と言へば、「地蔵菩薩の、暁に歩き給ふなるに、会ひ参らせんとて、かく歩くなり」と言へば、「地蔵の歩かせ給ふ道は、われこそ知りたれ。いざ給へ。会はせ参らせん」と言へば、「あはれ、嬉しきことかな。地蔵の歩かせ給はん所へ、われを率(ゐ)ておはせよ」と言へば、「われに物を得させ給へ。やがて率て奉らん」と言ひければ、「この着たる衣、奉らん」と言へば、「さは、いざ給へ」とて、隣なる所へ率ていく。

尼、よろこびて、急ぎ行くに、そこの子に、地蔵といふ童ありけるを、それが親を知りたりけるによりて、「地蔵は」と問ひければ、親「遊びに往ぬ。今、来(き)なん」と言へば、「くは、ここなり。地蔵のおはします所は」と言へば、尼、嬉しくて、つむぎの衣(きぬ)を脱ぎて取らすれば、博打は急ぎて取りて去ぬ。

尼は、「地蔵、見参らせん」とて居たれば、親どもは心も得ず、「など、『この童を見ん』と思ふらん」と思ふほどに、十ばかりなる童の来たるを、「くは、地蔵よ」と言へば、尼、見るままに、是非も知らず、伏しまろびて、拝み入りて、土にうつぶしたり。

童、ずはゑを持ちて、遊びけるままに来たりけるが、そのずはゑして、手すさみのやうに額を掻けば、額より顔の上まで裂けぬ。裂けたる中より、えもいはずめでたき地蔵の御顔、見え給ふ。

尼、拝み入りて、うち見上げたれば、かくて立ち給へれば、涙を流して、拝み入り参らせて、やがて極楽へ参りにけり。

されば、心にだにも深く念じつれば、仏も見え給ふなりけると信ずべし。

翻刻

今は昔丹後国に老尼ありけり地蔵菩薩は暁ことにありき給と
いふ事をほのかにききて暁ことに地蔵見たてまつらんとてひと世
界をまとひありくに博打のうちほうけてゐたるかみて尼君はさ
むきになにわさし給そといへは地蔵菩薩の暁にありき給なるに
あひまひらせんとてかくありく也といへは地蔵のありかせ給ふ
道は我こそしりたれいさ給へあはせまいらせんといへはあはれう
れしき事哉地蔵のありかせ給はん所へ我をいておはせよといへは
我に物をえさせ給へやかていてたてまつらんといひけれは此
きたる衣たてまつらんといへはさはいさ給へとて隣なる所へい
ていく尼悦ていそき行にそこの子に地蔵といふ童有ける
をそれかおやをしりたりけるによりて地蔵はととひけれは
おやあそひにいぬいまきなんといへはくはここなり地蔵の
おはします所はといへは尼うれしくてつむきのきぬをぬきてとら/17ウy38
すれははくちはいそきてとりていぬ尼は地蔵みまいらせんとて
ゐたれはおやともは心もえすなとこのわらはをみんと思らんと思程に
十はかりなる童のきたるをくは地蔵よといへは尼みるままに是非もしら
すふしまろひておかみ入て土にうつふしたり童すはへを持てあそひけるままに
来たりけるかそのすはへして手すさみの様に額をかけは額よりかほのうへ
まてさけぬさけたる中よりえもいはすめてたき地蔵の御顔みえ給
尼おかみ入てうちみあけたれはかくて立給へれは涙をなかしておかみ入ま
いらせてやかて極楽へ参にけりされは心にたにも深念しつれは仏もみえ
給なりけると信すへし/18オy39
text/yomeiuji/uji016.txt · 最終更新: 2017/12/20 23:55 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa