ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji013

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
最新リビジョン 両方とも次のリビジョン
text:yomeiuji:uji013 [2014/09/27 17:18]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji013 [2017/10/23 15:09]
Satoshi Nakagawa
ライン 6: ライン 6:
 **田舎の児、桜の散を見て泣く事** **田舎の児、桜の散を見て泣く事**
  
-も今はむかしゐ中の児のひえの山へのぼりたりけるが、桜のめでたくきたりけるに、風のはげしく吹きけるをて、児、さめざめときけるをて、僧のやはらりて「など、かうはかせ給ふぞ。この花のるを、しうおぼえさせ給か。桜ははかなきにて、かくなくうつろひ候なり。されども、さのみぞさらふ」と、なぐさめければ「桜のらんは、あながちにいかがせん。くるしからず。てての作たる麦の花りて、実のらざらんおもふがわびしき」と、いひて、さくりあげて「よよ」ときければ、うたてしやな。+これも今は田舎の児(ちご)、比叡(ひえ)の山((比叡山延暦寺))りたりけるが、桜のめでたくきたりけるに、風のはげしく吹きけるをて、この児、さめざめときけるをて、僧のやはらりて「など、かうはかせ給ふぞ。この花のるを、しうえさせ給か。桜ははかなきものにて、かくほどなくうつろひ候なり。されども、さのみぞ候ふ((底本「さらふ」。諸本により補った。))」とめければ「桜のらんは、あながちにいかがせん、苦しからず。わが父(てて)の作たる麦の花りて、実のらざらん、思ふがわびしき」とひて、さくりあげて「よよ」ときければ、うたてしやな。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  是も今はむかしゐ中の児のひえの山へのほりたりけるか桜の 
 +  めてたくさきたりけるに風のはけしく吹きけるをみて此児さめさめ 
 +  となきけるをみて僧のやはらよりてなとかうはなかせ給ふ 
 +  そこの花のちるをおしうおほえさせ給か桜ははかなき物にてか 
 +  く程なくうつろひ候なりされともさのみそさらふとなくさめけ 
 +  れは桜のちらんはあなかちにいかかせんくるしからす我てての作 
 +  たる麦の花ちりて実のいらさらんおもふかわひしきといひて 
 +  さくりあけてよよとなきけれはうたてしやな/15ウy34 


text/yomeiuji/uji013.txt · 最終更新: 2017/12/20 23:54 by Satoshi Nakagawa