Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第13話(巻1・第13話)田舎の児、桜の散るを見て泣く事

田舎児桜ノ散ヲ見泣事

田舎の児、桜の散を見て泣く事

これも今は昔、田舎の児(ちご)の、比叡(ひえ)の山1)へ登りたりけるが、桜のめでたく咲きたりけるに、風のはげしく吹きけるを見て、この児、さめざめと泣きけるを見て、僧の、やはら寄りて、「など、かうは泣かせ給ふぞ。この花の散るを、惜しう思えさせ給ふか。桜ははかなきものにて、かくほどなくうつろひ候ふなり。されども、さのみぞ候ふ2)」と慰めければ、「桜の散らんは、あながちにいかがせん、苦しからず。わが父(てて)の作りたる、麦の花散りて、実の入らざらん、思ふがわびしき」と言ひて、さくりあげて、「よよ」と泣きければ、うたてしやな。

翻刻

是も今はむかしゐ中の児のひえの山へのほりたりけるか桜の
めてたくさきたりけるに風のはけしく吹きけるをみて此児さめさめ
となきけるをみて僧のやはらよりてなとかうはなかせ給ふ
そこの花のちるをおしうおほえさせ給か桜ははかなき物にてか
く程なくうつろひ候なりされともさのみそさらふとなくさめけ
れは桜のちらんはあなかちにいかかせんくるしからす我てての作
たる麦の花ちりて実のいらさらんおもふかわひしきといひて
さくりあけてよよとなきけれはうたてしやな/15ウy34
1)
比叡山延暦寺
2)
底本「さらふ」。諸本により補った。
text/yomeiuji/uji013.txt · 最終更新: 2017/10/23 15:09 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa