Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第13話(巻1・第13話)田舎の児、桜の散るを見て泣く事

田舎児桜ノ散ヲ見泣事

田舎の児、桜の散を見て泣く事

是も今はむかし、ゐ中の児のひえの山へのぼりたりけるが、桜のめでたくさきたりけるに、風のはげしく吹きけるをみて、此児、さめざめとなきけるをみて、僧のやはらよりて「など、かうはなかせ給ふぞ。この花のちるを、おしうおぼえさせ給か。桜は、はかなき物にて、かく程なくうつろひ候なり。されども、さのみぞさぶらふ」と、なぐさめければ「桜のちらんは、あながちにいかがせん。くるしからず。我てての作たる麦の花ちりて、実のいらざらんおもふが、わびしき」と、いひて、さくりあげて「よよ」となきければ、うたてしやな。

text/yomeiuji/uji013.txt · 最終更新: 2014/09/27 17:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa