Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第12話(巻1・第12話)児のかい餅するに空寝したる事

兒ノカイ餅スルニ空寝シタル事

児のかい餅するに空寝したる事

これも今は昔、比叡の山に児(ちご)ありけり。

僧たち、宵のつれづれに、「いざ、かいもちひせん」と言ひけるを、この児、心寄せに聞きけり。「さりとて、し出ださんを待ち、寝ざらんも悪(わろ)かりなん」と思ひて、かたかたに寄りて、寝たるよしにて、出で来るを待ちけるに、すでにし出だしたるさまにて、ひしめきあひたり。

この児、「さだめて、おどろかさんずらん」と待ち居たるに、僧の、「もの申しさぶらはむ。おどろかせ給へ」と言ふを、「うれし」とは思へども、「ただ一度(いちど)にいらへんも、『待ちけるか』ともぞ思ふ」とて、「今一声呼ばれていらへん1)」と念じて寝たるほどに、「や、な起こし奉りそ。幼き人は寝入り給ひにけり」と言ふ声のしければ、「あなわびし」と思ひて、「今一度起こせかし」と思ふほどに、聞けば、「ひしひし」と、ただ食ひに食ふ音のしければ、ずちなくて、無期(むご)の後に、「えい」といらへたりければ、僧達、笑ふこと限りなし。

翻刻

是も今はむかし比叡の山に児ありけり僧たちよひのつれつれに
いさかひもちいせんといひけるをこの児心よせにききけりさりとて
しいたさんをまちねさらんもわろかりなんと思ひてかたかたに
よりて寝たるよしにて出くるを待けるにすてにしいたしたるさま
にてひしめきあひたり此児定ておとろかさんすらんと待ゐたる
に僧の物申さふらはむおとろかせ給へといふをうれしとは思へとも
たた一とにいらへんも待けるかともそおもふとて今一こゑよはれて
いみへんと念してねたる程にやなおこしたてまつりそおさなき人は/15オy33
寝入給にけりといふこゑのしけれはあなわひしとおもひて今一と
おこせかしと思程にきけはひしひしとたたくひにくふ音のしけ
れはすちなくてむこの後にえいといらへたりけれは僧達わらふ
事かきりなし/15ウy34
1)
「いらへん」は底本「いみへん」。諸本により訂正
text/yomeiuji/uji012.txt · 最終更新: 2017/10/21 16:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa