Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第12話(巻1・第12話)児のかい餅するに空寝したる事

兒ノカイ餅スルニ空寝シタル事

児のかい餅するに空寝したる事

是も今はむかし、比叡の山に児ありけり。

僧たち、よひのつれづれに「いざ、かひもちいせん」といひけるを、この児、心よせにききけり。さりとて「しいださんをまち、ねざらんもわろかりなん」と、思ひて、かたかたによりて寝たるよしにて出くるを待けるに、すでにしいだしいたるさまにてひしめきあひたり。

此児「定ておどろかさんずらん」と、待ゐたるに、僧の「物申さぶらはむ、おどろかせ給へ」といふを「うれし」とは思へども「ただ一どにいらへんも『待けるか』ともぞおもふ」とて、「今一こゑよばれていらへん」と念じてねたる程に「やなおこしたてまつりそ。おさなき人は寝入給にけりといふこゑのしければ「あなわびし」とおもひて「今一どおこせかし」と、思寝にきけば、「ひしひし」とただくひにくふ音のしければ、ずちなくて、むごの後に「えい」といらへたりければ、僧達わらふ事かぎりなし。

text/yomeiuji/uji012.txt · 最終更新: 2014/09/27 17:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa