Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第10話(巻1・第10話)秦兼久、通俊卿の許に向ひて悪口の事

秦兼久向通俊卿許悪口事

秦兼久、通俊卿の許に向ひて悪口の事

これも今は昔、治部卿通俊卿後拾遺をえらばれける時、秦兼久行向て、をのづから「歌などやいる」と思てうかがひけるに、治部卿いであひて物がたりして、「いかなる歌かよみたる」といはれければ、「はかばかしき歌候はず。後三条院隠れさせ給てのち、円宗寺にまいりて候しに、花の匂いむかしにもかはらず侍りしかば、つかうまつりて候しなりとて

こぞみしに色もかはらずさきにけり花こそ物はおもはざりけれ

とこそ仕つりて候しか」といひければ、通俊卿「よろしくよみたり。ただし『けれけりける』などいふ事は、いとしもなきこと葉なり。それはさることにて『花こそ』といふ文字こそ、めのわらはなどの名にしつべけれ」とていともほめられざりければ、こと葉すくなにて立て侍とも、ありける所によりて「此殿は大かた歌のありさましり給はぬにこそ。かかる人の撰集うけ給ておはするは、あさましき事哉。四条大納言の歌《に》

春きてぞ人も問ける山里は花こそやどのあるじなりけれ

とよみ給へるはめでたき歌とて世の人くちにのりて申めるは、その歌に『人もとひける』とあり、又『やどのあるじなりけれ』とあめるは、『花こそ』といひたるはそれにはおなじさまなるに、いかなれば四条大納言のはめでたくて、兼久がはわろかるべきぞ。かかる人の撰集うけたまはりてえらび給。あさましき事也」といひて出にけり。

さぶらひ通俊のもてへ行て「兼久こそかうかう申て出ぬれ」とかたりければ、治部卿う《う》《な》づきて「さりけりさりけり物ないひそ」とぞ、いはれける。

text/yomeiuji/uji010.txt · 最終更新: 2014/09/27 17:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa