Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第9話(巻1・第9話)宇治殿倒れさせ給ひて、実相房僧正、験者に召さるる事

宇治殿倒レサセ給テ実相房僧正験者ニ被召事

宇治殿倒れさせ給ひて、実相房僧正、験者に召さるる事

これもいまはむかし、高陽院造らるる間、宇治殿御騎馬にてわたらせ給あひだ、たうれさせ給て、心ちたがはせたまふ。

心誉僧正に祈られんとて、めしつかはすほどに、いまだまいらざるさきに、女房の局なる小女に、物つきて申ていはく「別のことにあらず。きと、目見いれたてまつるによりて、かくおはしますなり。僧正まいられざる先に、護法さきだちてまいりて、をひはらひさぶらへば、逃をはりぬ」とこそ申けれ。則よくならせ給にけり。

心誉僧正、いみじかりけるとか。

text/yomeiuji/uji009.txt · 最終更新: 2014/09/27 17:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa