Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第7話(巻1・第7話)龍門聖、鹿に替らんと欲する事

龍門聖鹿ニ欲替事

龍門聖、鹿に替らんと欲する事

大和国之龍門といふ所に、聖有けり。住ける所を名にて龍門の聖とぞいひける。

そのひじりのしたしくしりたりける男の明くれししをころしけるに、ともしといふ事をしける比、いみじうくらかりける夜、照射に出にけり。

鹿をもとめありく程に、めをあはせたりければ「ししありけり」とて、をしまはしをしまはしするに、たしかに目をあはせたり。矢比にまはせよりて、ほぐしに引かけて、矢をはげて、「いん」とて、弓ふりたてみるに、この鹿の目のあひの、れいの鹿の目のあはひよりもちかくて目の色もかはりたりければ「あやし」と思て、弓を引さしてよくみけるに、猶あやしかりければ、矢をはづして火をとりてみるに、「鹿の目にはあらぬなりけり」とみて「おきばおきよ」と思てちかくまはしよせてみれば、身は一ちゃうの革にてあり。

「なを鹿なり」とて、又いんとするに、猶目のあらざりければ、ただうちにうちよせてみるに法師のかしらにみなしつ。「こはいかに」とみて、おり走て、火うちふきてしひをとてみれば、この聖の目うちたたきて、ししの皮引かつぎて、そひふし給へり。「こはいかに。かくておはしますぞ」と、いへば、ほろほろとなきて「わぬしがせいする事をきかず、いたくこの鹿をころす。我、鹿にかはりてころされなば、さりともすこしはとどまりなん、とおもへば、かくていられんとしておる也。口惜ういざりつ」と、の給ふに、此男、ふしまろびなきて「かくまでおぼしける事を、あながちにし侍ける事」とて、そこにて刀をぬきて、弓うち切、やなぐひみなおりくだきて、本鳥切てやがて聖にぐして法師に成て、聖のおはしけるかぎり聖につかはれて、聖うせ給ければ、かはりて又、そこにぞおこなひてゐたりけるとなん。

text/yomeiuji/uji007.txt · 最終更新: 2014/09/27 17:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa