ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji005

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji005 [2017/10/18 21:04]
Satoshi Nakagawa [第5話(巻1・第5話)随求陀羅尼、額に篭むる法師の事]
text:yomeiuji:uji005 [2017/12/20 23:46] (現在)
Satoshi Nakagawa [第5話(巻1・第5話)随求陀羅尼、額に篭むる法師の事]
ライン 5: ライン 5:
  
 **随求ダラニ額に篭むる法師の事** **随求ダラニ額に篭むる法師の事**
 +
 +===== 校訂本文 =====
  
 これも今は昔、人のもとに、ゆゆしく、ことごとしく、負斧(おひをの)・法螺貝、腰に付け、錫杖突きなどしたる山臥の、ことごとしげなる入り来て、侍(さぶらひ)の立蔀(たてじとみ)の内の小庭に立ちけるを、侍、「あれはいかなる御房ぞ」と問ひければ、「『これは、日ごろ白山に侍りつるが、御嶽((金峰山))へ参りて、今二千日候はんとつかまつるが、時料尽きて侍り。まかりあづからん』と申し上げ給へ」と言ひて立てり。 これも今は昔、人のもとに、ゆゆしく、ことごとしく、負斧(おひをの)・法螺貝、腰に付け、錫杖突きなどしたる山臥の、ことごとしげなる入り来て、侍(さぶらひ)の立蔀(たてじとみ)の内の小庭に立ちけるを、侍、「あれはいかなる御房ぞ」と問ひければ、「『これは、日ごろ白山に侍りつるが、御嶽((金峰山))へ参りて、今二千日候はんとつかまつるが、時料尽きて侍り。まかりあづからん』と申し上げ給へ」と言ひて立てり。


text/yomeiuji/uji005.txt · 最終更新: 2017/12/20 23:46 by Satoshi Nakagawa