Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第4話(巻1・第4話)伴大納言の事

伴大納言事

伴大納言の事

これも今は昔、伴大納言善男は佐渡国郡司が従者也。

彼国にて善男夢にみるやう「西大寺と東大寺とをまたぎて立たり」とみて、妻の女にこのよしをかたる。めのいはく「そのまたこそさかれんずらめ」と、あはするに、善男おどろきて「よしなき事を語てけるかな」と、おそれ思て、しうの郡司が家へ行むかふ所に、郡司きはめたる相人也けるが、日来はさもせぬに、事の外に饗応して、わらうだとりいで、むかひてめしのぼせければ、善男あやしみをなして「我をすかしのぼせて、妻のいひつるやうにまたなどさかんずるやらん」と恐思ほどに、郡司がいはく「汝、やむごとなき高相の夢みてけり。それによしなき人にかたりてけり。かならず大位にはいたるとも、事いできて罪をかぶらんぞ」といふ。

然あひだ、善男縁につきて京上して大納言にいたる。されども、猶罪をかぶる。郡司がことばにたがはず。

text/yomeiuji/uji004.txt · 最終更新: 2014/09/27 17:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa