Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第3話(巻1・第3話)鬼に瘤取らるる事

鬼ニ瘤被取事

鬼に瘤取らるる事

これも今はむかし、右の顔に大なるこぶある翁ありけり。大かうじの程なり。人にまじるに及ばねば、薪をとりて世をすぐる程に、山へ行きぬ。雨風はしたなくて、帰にをよばで、山の中に、心にもあらずとまりぬ。又、木こりもなかりけり。おそろしさすべきかたなし。

木のうつほのありけるに、はい入て、目もあはず、かがまりて居たるほどに、はるかより人の音おほくして、とどめきくるをとす。いかにも山の中にただひとりゐたるに、人のけはひのしければ、少いきいづる心ちして見いだしければ、大かた、やうやう、さまざまなる物ども、あかき色には青き物をき、黒き色には赤き物を、たうさぎにかき、大かた目一ある物あり、口なき物など、大かた、いかにもいふべきにもあらぬ物ども、百人斗おしめきあつまりて、火をてんのめのごとくにともして、我ゐたるうつほ木のまへに居まはりぬ。大かた、いとど物おぼえず。

むねとあるとみゆる鬼、横座にゐたり。うらうへに二ならびに居なみたる鬼、数をしらず。そのすがた、おのおのいひつくしがたし。酒まいらせ、あそぶありさま、この世の人のする定也。たびたびかはらけはじまりて、むねとの鬼、ことのほかにゑいたるさま也。すゑよりわかき鬼、一人立て、折敷をかざして、なにといふにか、くどきくせせる事をいひて、横座の鬼のまへにねりいでてくどくめり。横座の鬼、盃を左の手にもちて、えみこ《た》れたるさま、ただこの世の人のごとし。舞て入ぬ。次第に下よりまふ。あしくよくまふもあり。

「あさまし」とみるほどに、この横座にゐたる鬼のいふやう、「こよひの御あそびこそ、いつにもすぐれたれ。ただし、さもめつらしからんかなでをみばや」などいふに、この翁、ものの付きたりけるにや、又しかるべく神仏の思はせ給けるにや「あはれ、走出てまはばや」と、おもふを、一どは思いかへしつ、それに何となく鬼ともがうちあげたる拍子のよげにきこえければ、「さもあれ、ただはしりいでて舞てん。死なばさてありなん」と、思ひとりて、木のうつほよりゑぼしははなにたれかけたる翁の、こしによきといふ木きる物さして、よこ座の鬼のゐたる前におどり出たり。

この鬼ども、おどりあがりて「こはなにぞ」とさはぎあへり。おきな、のびあがり、かがまりて、舞べきかぎり、すじりもじりえいごゑをいだして、一庭を走まはりまふ。横座の鬼よりはじめて、あつまりゐたる鬼ども、あさみ興ず。

よこ座の鬼のいはく「おほくの年比、この遊をしつれども、いまだかかるものにこそあはざりつれ。今より比翁、かやうの御あそびにかならずうまいれ」といふ。翁申やう「さたにをよび候はず。まいり候べし。このたびは、にはかにて、おさめの手もわすれ候にたり。かやうに御らむにかなひ候はば、しづかにつかうまつり候はん」といふ。横座の鬼「いみじく申たり。かならずまいるべき也」と云。

奥の座の三番に居たる鬼「この翁はかくは申候へども、まいらぬ事も候はむずらんとおぼえ候に、質をやとらるべく候らむ」と云。横座の鬼「しかるべし、しかるべし」と、いひて「何をかとるべき」と、をのをのいひさたするに、横座の鬼のいふやう「かの翁がつらにある、こぶをやとるべき。こぶはふくの物なれば、それをぞおしみおもふらむ」と云に、翁が云やう「ただ目鼻をばめすとも、此のこぶはゆるし給候はむ。年比持て候物を、ゆへなくめされむ、すぢなき事の候なん」といへば、横座の鬼「かうおしみ申物也。ただそれをとるべし」といへば、鬼よりて「さは、とるぞ」とて、ねじてひくに、おおかたいたき事なし。

さて、「かならず、比度の御遊にまいるべし」とて、暁に鳥などなきぬれば、鬼どもかへりぬ。翁、かほをさぐるに、年来ありしこぶ、跡かたもなく、かひのごひたるやうに、つやつやなかりければ、木こらん事もわすれて家にかへりぬ。

妻のうば「こは、いかなりつる事ぞ」ととへば、「しかじか」とかたる。「あさましき事哉」と云。

隣にある翁、左の顔に大なるこぶありけるが、此翁、こぶのうせたるをみて「こはいかにしてこぶはうせさせ給たるぞ。いづこなる医師のとり申たるぞ。我に伝給へ。この瘤とらん」と、いひければ「是はくすしのとりたるにもあらず。しかじかの事ありて、鬼のとりたる也」といひければ「我、その定にしてとらん」とて、事の次第を細に問ければ、をしへつ。

此翁、いふままにして、その木のうつほに入て待ければ、まことにきくやうにして鬼どもいできたり。

居まはりて、酒のみあそびて「いづら、翁はまいりたるか」と、いひければ、此翁「おそろし」と、思ながら、ゆるぎ出でたれば、鬼ども「ここに翁まいりて候」と、申せば、横座の鬼「こちまいれ、とくまへ」といへば、さきの翁よりは天骨もなく、おろおろかなでたりければ、横座の鬼「このたびはわろく舞たり。返返わろし。そのとりたりししちの瘤、返したべ」と、いひければ、すゑつかたより鬼いできて「しちのこぶ、返したぶぞ」とて、いまかたがたのかほになげつけたりければ、うらうへにこぶつきたる翁にこそ成たりけれ。

物うらやみはすまじき事なりとぞ。

text/yomeiuji/uji003.txt · 最終更新: 2014/09/27 17:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa