Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第3話(巻1・第3話)鬼に瘤取らるる事

鬼ニ瘤被取事

鬼に瘤取らるる事

これも今は昔、右の顔に大きなる瘤(こぶ)ある翁ありけり。大柑子(おほかうじ)のほどなり。人にまじるに及ばねば、薪を取りて世を過ぐるほどに、山へ行きぬ。

雨風はしたなくて、帰るに及ばで、山の中に、心にもあらず泊りぬ。また、樵夫(きこり)もなかりけり。恐しさ、すべき方なし。

木のうつほのありけるに、這い入りて、目も合はず、屈まりて居たるほどに、遥かより人の音多くして、とどめき来る音す。いかにも、山の中にただ一人居たるに、人の気配のしければ、少し生き出づる心地して、見出だしければ、おほかた、やうやう様々(さまざま)なる者ども、赤き色には青き物を着、黒き色には赤き物を褌(たふさぎ)にかき、おほかた、目一つある者あり、口なき者など、おほかた、いかにも言ふべきにもあらぬ者ども、百人ばかり、ひしめき集まりて、火を天の目のごとくに灯して、わが居たるうつほ木の前に居回りぬ。おほかた、いとどもの思えず。

むねとあると見ゆる鬼、横座に居たり。うらうへに二並びに居なみたる鬼、数を知らず。その姿、おのおの言ひ尽しがたし。酒参らせ、遊ぶありさま、この世の人のする定(ぢやう)なり。たびたび土器(かはらけ)始まりて、むねとの鬼、ことのほかに酔(ゑ)ひたるさまなり。末(すゑ)より若き鬼、一人立ちて、折敷(をしき)をかざして、何と言ふにか、口説きくせせることを言ひて、横座の鬼の前にねり出でて、口説くめり。横座の鬼、盃を左の手に持ちて、笑みこだれたるさま、ただこの世の人のごとし。舞ひて入りぬ。次第に下より舞ふ。悪しく、良く舞ふもあり。

「あさまし」と見るほどに、この横座に居たる鬼の言ふやう、「今宵の御遊びこそ、いつにもすぐれたれ。ただし、さもめづらしからん奏でを見ばや」など言ふに、この翁、物の付きたりけるにや、また、しかるべく神仏の思はせ給ひけるにや、「あはれ、走り出でて舞はばや」と思ふを、一度(いちど)は思返しつ。

それに、何となく、鬼どもが打ち上げたる拍子の、良げに聞こえければ、「さもあれ、ただ走り出でて舞ひてん。死なば、さてありなん」と思ひ取りて、木のうつほより、烏帽子は鼻に垂れかけたる翁の、腰に斧(よき)といふ木切る物差して、横座の鬼の居たる前に踊り出でたり。

この鬼ども、踊り上りて、「こは何ぞ」と騒ぎあへり。翁、伸び上り、屈まりて、舞ふべきかぎり、すじりもじり、えい声を出だして、一庭を走り回り舞ふ。横座の鬼より始めて、集り居たる鬼ども、あさみ、興ず。

横座の鬼のいはく「多くの年ごろ、この遊びをしつれども、いまだかかるものにこそ会はざりつれ。今よりこの翁、かやうの御遊びに必ず参れ」と言ふ。翁、申すやう、「沙汰に及び候はず。参り候ふべし。このたびは俄(にはか)にて、納めの手も忘れ候ひにたり。かやうに御覧にかなひ候はば、静かにつかうまつり候はん」と言ふ。横座の鬼、「いみじく申したり。必ず参るべきなり」と言ふ。

奥の座の三番に居たる鬼、「この翁は、かくは申し候へども、参らぬことも候はむずらんと思え候ふに、質をや取らるべく候ふらむ」と言ふ。横座の鬼、「しかるべし、しかるべし」と言ひて、「何をかとるべき」と、おのおの言ひ沙汰するに、横座の鬼の言ふやう、「かの翁がつらにある、瘤をや取るべき。瘤は福の物なれば、それをぞ惜しみ思ふらむ」と言ふに、翁が言ふやう、「ただ目鼻をば召すとも、この瘤は許し給ひ候はむ。年ごろ持ちて候ふ物を、ゆゑなく召されむ、ずちなきことに候ひなん」と言へば、横座の鬼、「かう惜しみ申す物なり。ただそれを取るべし」と言へば、鬼、寄りて「さは、取るぞ」とて、ねじて引くに、おほかた痛きことなし。

さて、「必ず、このたびの御遊びに参るべし」とて、暁に鳥など鳴きぬれば、鬼ども帰りぬ。翁、顔を探るに、年ごろありし瘤、跡形(あとかた)もなく、かいのごひたるやうに、つやつやなかりければ、木こらんことも忘れて、家に帰りぬ。妻の姥(うば)、「こは、いかなりつることぞ」と問へば、「しかじか」と語る。「あさましきことかな」と言ふ。

隣にある翁、左の顔に大なる瘤ありけるが、この翁、瘤の失せたるを見て「こはいかにして瘤は失せさせ給ひたるぞ。いづこなる医師(くすし)の取り申したるぞ。われに伝へ給へ。この瘤取らん」と言ひければ、「これは医師の取りたるにもあらず。しかじかのことありて、鬼の取りたるなり」と言ひければ、「われ、その定(ぢやう)にして取らん」とて、事の次第を細かに問ひければ、教へつ。

この翁、言ふままにして、その木のうつほに入りて、待ちければ、まことに聞くやうにして、鬼ども出で来たり。

居回りて、酒飲み、遊びて、「いづら、翁は参りたるか」と言ひければ、この翁、「恐し」と思ひながら、ゆるぎ出でたれば、鬼ども、「ここに翁参りて候ふ」と申せば、横座の鬼、「こち参れ。とく舞へ」と言へば、前(さき)の翁よりは、天骨もなく、おろおろ奏でたりければ、横座の鬼、「このたびは悪(わろ)く舞ひたり。かへすがへす悪し。その取りたりし質の瘤、返し賜べ」と言ひければ、末つ方より鬼出で来て「質の瘤、返し賜ぶぞ」とて、いま片々(かたがた)の顔に投げ付けたりければ、うらうへに瘤付きたる翁にこそなりたりけれ。

ものうらやみは、すまじきことなりとぞ。

翻刻

これも今はむかし右の顔に大なるこふある翁ありけり大かう
しの程なり人にましるに及はねは薪をとりて世をすくる
程に山へ行きぬ雨風はしたなくて帰にをよはて山の中に心にも
あらすとまりぬ又木こりもなかりけりおそろしさすへきかた
なし木のうつほのありけるにはい入て目もあはすかかまりて居/6ウy16
たるほとにはるかより人の音おほくしてととめきくるをとす
いかにも山の中にたたひとりゐたるに人のけはひのしけれは少
いきいつる心ちして見いたしけれは大かたやうやうさまさまなる物
ともあかき色には青き物をき黒き色には赤き物をたう
さきにかき大かた目一ある物あり口なき物なと大かたいかにもいふ
へきにもあらぬ物とも百人斗ひしめきあつまりて火をてんのめの
ことくにともして我ゐたるうつほ木のまへに居まはりぬ大かたい
とと物おほえすむねとあるとみゆる鬼横座にゐたりうら
うへに二ならひに居なみたる鬼数をしらすそのすかたおのおの
いひつくしかたし酒まいらせあそふありさまこの世の人のする定也
たひたひかはらけはしまりてむねとの鬼ことのほかにゑいたるさま也
すゑよりわかき鬼一人立て折敷をかさしてなにといふにか
くときくせせる事をいひて横座の鬼のまへにねり/7オy17
いててくとくめり横座の鬼盃を左の手にもちてえみこたれ
たるさまたたこの世の人のことし舞て入ぬ次第に下よりまふ
あしくよくまふもありあさましとみるほとにこの横座にゐ
たる鬼のいふやうこよひの御あそひこそいつにもすくれたれた
たしさもめつらしからんかなてをみはやなといふにこの翁ものの
付きたりけるにや又しかるへく神仏の思はせ給けるにやあはれ
走出てまははやとおもふを一とは思かへしつそれに何となく
鬼ともかうちあけたる拍子のよけにきこえけれはさもあれたた
はしりいてて舞てん死なはさてありなんと思ひとりて木のうつほ
よりゑほしははなにたれかけたる翁のこしによきといふ木きる
物さしてよこ座の鬼のゐたる前におとり出たりこの鬼ともおとり
あかりてこはなにそとさはきあへりおきなのひあかりかかまりて舞
へきかきりすしりもしりえいこゑをいたして一庭を走まはり/7ウy18
まふ横座の鬼よりはしめてあつまりゐたる鬼ともあさみ
興すよこ座の鬼のいはくおほくの年比この遊をしつれとも
いまたかかるものにこそあはさりつれ今より比翁かやうの御あそ
ひにかならすまいれといふ翁申やうさたにをよひ候はすま
いり候へしこのたひはにはかにておさめの手もわすれ候にたり
かやうに御らむにかなひ候ははしつかにつかうまつり候はんといふ横
座の鬼いみしく申たりかならすまいるへき也と云奥の座の三番
に居たる鬼この翁はかくは申候へともまいらぬ事も候はむすらん
とおほえ候に質をやとらるへく候らむと云横座の鬼しかるへししかるへし
といひて何をかとるへきとをのをのいひさたするに横座の鬼
のいふやうかの翁かつらにあるこふをやとるへきこふはふくの
物なれはそれをそおしみおもふらむと云に翁か云やうたた目鼻
をはめすとも此のこふはゆるし給候はむ年比持て候物をゆへなく/8オy19
めされむすちなき事に候なんといへは横座の鬼かうおしみ
申物也たたそれをとるへしといへは鬼よりてさはとるそとて
ねしてひくに大かたいたき事なくさてかならす比度の御遊
にまいるへしとて暁に鳥なとなきぬれは鬼ともかへりぬ
翁かほをさくるに年来ありしこふ跡かたもなくかひのこひ
たるやうにつやつやなかりけれは木こらん事もわすれて家に
かへりぬ妻のうはこはいかなりつる事そととへはしかしかとかたるあさ
ましき事哉と云隣にある翁左の顔に大なるこふありける
か此翁こふのうせたるをみてこはいかにしてこふはうせさせ給たる
そいつこなる医師のとり申たるそ我に伝給へこの瘤とらんと
いひけれは是はくすしのとりたるにもあらすしかしかの事ありて
鬼のとりたる也といひけれは我その定にしてとらんとて事の次
第を細に問けれはをしへつ此翁いふままにしてその/8ウy20
木のうつほに入て待けれはまことにきくやうにして鬼ともいて
きたり居まはりて酒のみあそひていつら翁はまいりたるかと
いひけれは此翁おそろしと思なからゆるき出てたれは鬼ともここに
翁まいりて候と申せは横座の鬼こちまいれとくまへといへ
はさきの翁よりは天骨もなくおろおろかなてたりけれは横
座の鬼このたひはわろく舞たり返返わろしそのとりたりし
しちの瘤返したへといひけれはすゑつかたより鬼いてきて
しちのこふ返したふそとていまかたかたのかほになけつけ
たりけれはうらうへにこふつきたる翁にこそ成たりけれ
物うらやみはすましき事なりとそ/9オy21
text/yomeiuji/uji003.txt · 最終更新: 2017/10/15 21:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa