ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yamato:u_yamato173

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:yamato:u_yamato173 [2017/09/28 21:15]
Satoshi Nakagawa 作成
text:yamato:u_yamato173 [2017/09/28 21:20] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 16: ライン 16:
 と、声をかしくて言へば、女、驚きて、「人もなしと思ひつるに、ものしきさまを見えぬること」と思ひて、ものも言はずなりぬ。 と、声をかしくて言へば、女、驚きて、「人もなしと思ひつるに、ものしきさまを見えぬること」と思ひて、ものも言はずなりぬ。
  
-男、縁(えん)にのぼりてぬ。「などか、もののたまはぬ。雨のわりなく侍れば、やまむまでは、かくて」など言へば、「大路よりは漏りまさりてなん、ここは中々」といらへけり。+男、縁(えん)にのぼりてぬ。「などか、もののたまはぬ。雨のわりなく侍れば、やまむまでは、かくて」など言へば、「大路よりは漏りまさりてなん、ここは中々」といらへけり。
  
 時は正月十日のほどなりけり。御簾の内より、しとねさし出でたり。引き寄せて居ぬ。簾もへりは蝙蝠(かはほり)に食はれて、所々なし。内のしつらひ見入るれば、昔思えて、畳などよかりけれど、口惜しくなりにけり。 時は正月十日のほどなりけり。御簾の内より、しとねさし出でたり。引き寄せて居ぬ。簾もへりは蝙蝠(かはほり)に食はれて、所々なし。内のしつらひ見入るれば、昔思えて、畳などよかりけれど、口惜しくなりにけり。
ライン 26: ライン 26:
   君がため衣(ころも)の裾(すそ)を濡らしつつ春の野に出でて摘める若菜ぞ   君がため衣(ころも)の裾(すそ)を濡らしつつ春の野に出でて摘める若菜ぞ
  
-男、これを見るに、いとあはれに思えて、引き寄せて食ふ。女、わりなく恥かしと思ひて、臥したり。少将、起きて、小舎人童を走らせて、すなはち車にて、まめなる物、さまざまに持(も)て来たり。「迎へに人のあれば、今またも参り来ん」とて、出でぬ。+男、これを見るに、いとあはれに思えて、引き寄せて食ふ。女、わりなく恥かしと思ひて、臥したり。 
 + 
 +少将、起きて、小舎人童を走らせて、すなはち車にて、まめなる物、さまざまに持(も)て来たり。「迎へに人のあれば、今またも参り来ん」とて、出でぬ。
  
 それよりのち、絶えずみづからも来(き)とぶらひけり。「よろづのもの食へども、なほ五条にてありしものは、めづらしく、めでたかりき」と思ひ出でける。 それよりのち、絶えずみづからも来(き)とぶらひけり。「よろづのもの食へども、なほ五条にてありしものは、めづらしく、めでたかりき」と思ひ出でける。


text/yamato/u_yamato173.txt · 最終更新: 2017/09/28 21:20 by Satoshi Nakagawa