Recent changes RSS feed

大和物語

第171段 今の左の大臣少将にものし給ひける時に式部卿の宮に・・・

校訂本文

今の左の大臣(おとど)1)、少将にものし給ひける時に、式部卿の宮2)に常に参り給ひけり。

かの宮に、大和といふ人さぶらひけるを、ものなどのたまひければ、いとわりなく色好む人にて、女、「いとをかしう、めでたし」と思ひけり。されど、常に逢ふことかたかりけり。大和3)

  人知れぬ心のうちに燃ゆる火は煙(けぶり)は立たでくゆりこそすれ

と言ひやりければ、返事、

  富士の嶺(ね)の絶えぬ思ひもあるものをくゆるはつらき心なりけり

かくて、久しく参り給はざりけるころ、女いといたう待ちわびにけり。いかなる心地しければ、かかるわざはしけん、人にも知らせで車に乗りて、内裏(うち)に参りにけり。

左衛門の陣に車を立てて、わたる人を呼び寄せて、「いかで少将の君にもの聞こえん」と言ひければ、「あやしきことかな。誰といふ人の、かかることはし給ふぞ」など、言ひすさみて入りぬ。またわたれば4)、同じこと言へば、「今、殿上などにやおはしますらんと、いかでか聞こえん」なと言ひて入りぬる人もあり。

上の衣(きぬ)着たる者の入りけるを、しひて呼びければ、「あやし」と思ひて来たりけり。「少将の君やおはします」と問ひければ、5)「『いとせちに聞こえさすべきことありて、殿より人なん参りたる』と聞こえ給へ」とありければ、「いとやすきことなり。そもそも、かく聞こえつぎたらん人をば忘れ給ふまじや。いと6)あはれに夜更けて、人少なにてものし給ふかな」と言ひて7)、入りて、いと久しかりければ、無期(むご)に待ち立てりける。

からうじて、「これも言ひつがでや果てぬらん。いかさまにせん」と思ふほどになん、出で来たりける。さて、言ふやう、「御前に御遊びなどし給ひつるを、からうじてなん聞こえつれば、『誰(た)がものし給ふならん。いとあやしきこと。たしかに問ひ奉りて来(こ)』とな ん、のたまひつる」と言へば、「真実(しんじち)には下(しも)つ方よりなり。みづから聞こえんとを聞こえ給へ」と言ひければ、「さなん申す」と聞こえければ、「さにやあらん」と思ふに、いとあやしくも、をかしくも思え給ひけり。

「しばし」と言はせて、立ち出で、広幡の中納言8)の、侍従にものし給ひける時、「かかることなんあるを、いかがすべき」とたばかり給ひけり。

さて、左衛門の陣に宿直所(とのゐどころ)なりける所に、屏風・畳など持て行きて、そこになんおろし給ひける。「いかで、かくは」とのたまひければ、「何かは。いとあさましくもの思ゆれば」。

敦慶の皇子(みこ)の家に、大和といふ人に、左大臣

  今さらに思ひ出でじと忍ぶるを恋ひしきにこそ忘れわびぬれ

翻刻

清慎公延喜十九年正月右少将従五位上
延長四年正五位下蔵人六年四位右中将
いまのひたりのおとと少将にものし
たまひけるときにしきふきやうの
みやにつねにまいりたまひけり
かのみやにやまとといふ人さふらひけ
るをものなとのたまひけれはいとわ
りなくいろこのむ人にて女いとをかし
うめてたしとおもひけりされとつ
ねにあふことかたかりけりやま□/d78l
  ひとしれぬこころのうちにもゆる
  ひはけふりはたたてくゆりこそすれ
といひやりけれは返事
  ふじのねのたえぬおもひもある物
  をくゆるはつらきこころなりけり
かくてひさしくまいり給はさりける
ころ女いといたうまちわひにけり
いかなる心ちしけれはかかるわさは
しけん人にもしらせてくるまに
のりてうちにまいりにけり左衛
門の陣にくるまをたててわたる/d79r
人をよひよせていかて少将のきみに
ものきこえんといひけれはあやし
きことかなたれといふ人のかかること
はし給そなといひすさみていりぬ
またわれはおなしこといへはいまてん
しやうなとにやおはしますらんと
いかてかきこえんなといひていりぬる
人もありうへのきぬきたるものの
いりけるをしゐてよひけれはあや
しとおもひてきたりけり少将の
きみやおはしますととひけれはいと/d79l
せちにきこえさすへきことありて
とのより人なんまいりたるとき
こえたまへとありけれはいとやすき
ことなりそもそもかくきこえつき
たらん人をはわすれたまふまし
やとあはれに夜ふけて人すくな
にてものしたまふかなとひていり
ていとひさしかりけれはむこに
まちたてりけるからうして
これもいひつかてやはてぬらんいかさ
まにせんとおもふほとになんいてき/d80r
たりけるさていふやう御まへに
御あそひなとしたまひつるをか
らうしてなんきこえつれはたか物
し給ならんいとあやしきことた
しかにとひたてまつりてことな
んのたまひつるといへはしんしちに
はしもつかたよりなり身つから
きこえんとをきこえたまへといひ
けれはさなん申ときこえけれは
さにやあらんとおもふにいとあやし
くもをかしくもおほえたまひけり/d80l
しはしといはせてたちいてひろはた
の中納言の侍従にものし給ける時
かかることなんあるをいかかすへき
とたはかりたまひけりさて左衛
門の陣にとのゐところなりける所に
ひやうふたたみなともていきてそ
こになんをろしたまひける
いかてかくはとの給けれはなにかは
いとあさましくものおほゆれは
あつよしの御このいへにやまとと
いふ人に左大臣/d81r
  いまさらにおもひいてしとしのふるを
  こひしきにこそわすれわひぬれ/d81l
1)
藤原実頼
2)
宇多天皇皇子敦慶親王
3)
底本「やま□」。「と」磨滅
4)
底本「われは」。諸本により「れ」を補う。
5)
諸本、「「おはします」と言ひければ、」と続く。
6)
底本「い」なし。諸本により補う。
7)
「言ひて」は底本「ひて」。諸本により「い」を補う。
8)
源庶明
text/yamato/u_yamato171.txt · 最終更新: 2017/09/26 01:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa