Recent changes RSS feed

大和物語

第170段 伊衡の宰相中将にものしたまひける時・・・

校訂本文

伊衡(これひら)の宰相1)、中将にものしたまひける時、故式部卿の宮2)の別当し給ひければ、つねに参りなれて3)、御達(ごたち)も語らひ給ひけり4)

その君、内裏(うち)よりまかで給ひけるままに5)、風邪になんあひ給ひて、わづらひ給ける6)。とぶらひに薬の酒・肴(さかな)7)などして、兵衛の命婦のやり8)給ひけるに、その返事に、「いと嬉しう、問ひ賜びつること。あさましう、かかる病もなん、つくものになんありける」とて、

  青柳の糸ならねども春かぜの吹けばかたよるわが身なりけり

とあれば、兵衛の命婦、返事、

  いささめに吹くかぜにやはなびくべき野分(のわき)過ぐしし君にやはあらぬ

翻刻

参議右兵衛督敏行男延喜十六年左少将十七年
蔵人延喜三年四位同十月中将八年正四位下
伊衡の宰相中将にものしたまひ
けるときこ式部卿のみやの別当し
たまひけれはつねにまいり□れて
こたちもかたらひたまひけ□その
きみうちよりまかて給け□□□/d77l
かせになんあひ給てわつらひ給け□
とふらひにくすりのさけさ□□
なとしてひやうゑのみやうふのや□
たまひけるにその返事にいとう
れしうとひたひつることあさま
しうかかるやまひもなんつくも
のになんありけるとて
  あをやきのいとならねとも春
  風のふけはかたよる我みなりけり
とあれはひやうゑのみやうふ返事
  いささめにふく風にやはなひく/d78r
  へきのわきすくししきみにやはあらぬ/d78l
1)
藤原伊衡
2)
宇多天皇皇子敦慶親王
3)
底本「な」磨滅。諸本により補う。
4) , 8)
底本「り」磨滅。諸本により補う。
5)
底本「るままに」磨滅。諸本により補う。
6)
底本「る」磨滅。諸本により補う。
7)
「さかな」底本「かな」磨滅。諸本により補う。
text/yamato/u_yamato170.txt · 最終更新: 2017/09/20 20:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa