Recent changes RSS feed

大和物語

第169段 昔内舎人なりける人大神の御幣使に大和の国に下りて・・・

校訂本文

昔、内舎人(うどねり)なりける人、大神(おほみわ)1)の御幣使(みてぐらつかひ)に、大和の国に下りて、井手といふわたりに、きよげなる人の家より、女ども、童(わらはべ)出で来て、この行く人を見る。きたなげなき女、いとをかしげなる子を抱(いだ)きて、門(かど)のもとに立てり。

この稚児の顔の、いとをかしげなりければ、目をとどめて、「その子、ここに率て来(こ)」と言ひければ、この女、寄り来たり。近くて見るに、いとをかしげなりければ、「ゆめ、異男(ことをとこ)し給ふな。われにあひ給へ。大きになり給はんほどに参り来ん」と言ひて、「これを形見にし給へ」とて、帯を解きて取らせけり。さて、このしたりける帯を解き取りて、持たりける文に引き結ひて、持たせて往ぬ。

この子、今年齢(よはひ)七ばかりにありけり。この男、色好みなりける人なれば、言ふになんありける。これをこの子は忘れず思ひ持たりけり。男、早く忘れにけり。

かくて、七・八年ばかりありて、また同じ使ひにさされて、大和へ行くとて、井手のわたりに宿りて居て見れば、前に井なんありける。それに水汲む女どもあるが、言ふやう。

翻刻

むかしうとねりなりける人おほ
うはのみてくらつかひにやまとの
くににくたりてゐてといふ/d76r
わたりにきよけなる人のいへ
より女ともわらはへいてきてこのいく
ひとをみるきたなけなき女いとを
かしけなるこをいたきてかとの
もとにたてりこのちこのかほの
いとをかしけなりけれはめをとと
めてそのこここにゐてこといひ
けれはこの女よりきたりちかく
てみるにいとをかしけなりけれは
ゆめことをとこし給なわれにあひ
たまへおほきになりたまはん/d76l
ほとにまいりこんといひてこれを
かたみにし給へとてをひをときて
とらせけりさてこのしたりける
をひをときとりてもたりける
ふみにひきゆひてもたせていぬ
このこことしよはい七はかりにあり
けりこのおとこいろこのみなり
ける人なれはいふになんありける
これをこのこはわすれすおもひもた
りけりおとこはやく(う)わすれに
けりかくて七八ねんはかりありて/d77r
又おなしつかひにさされてやまとへ
いくとてゐてのわたりにやとりて
ゐてみれはまへにゐなんありける
それにみつくむ女ともあるかいふやう/d77l
1)
大神神社。「大神」は底本「おほうは」。諸本により訂正
text/yamato/u_yamato169.txt · 最終更新: 2017/09/20 13:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa