Recent changes RSS feed

大和物語

第167段 男女の衣を借り着て今の妻のがり行きてさらに見えず・・・

校訂本文

男、女の衣(きぬ)を借り着て、今の妻のがり行きて、さらに見えず。この衣をみな着破(きや)りて、「返しおこす」とて、それに雉(きじ)・雁(かり)・鴨(かも)を加へておこす。人の国にいたづらに見えけるものどもなりけり。

さりけるときに、女、かく言ひやりける。

  いなやきじ人にならせるかり衣わが身に触ればうきかもぞ付く

翻刻

おとこ女のきぬをかりきていまの
めのかりいきてさらにみえすこのき
ぬをみなきやりてかへしおこすとてそれに
きしかりかもをくわえておこす人の
くににいたつらにみえけるものとも
なりけりさりけるときに女かく
いひやりける
  いなやきし人にならせるかり衣/d66r
  わか身にふれはうきかもそつく/d66l
text/yamato/u_yamato167.txt · 最終更新: 2017/09/18 20:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa