Recent changes RSS feed

大和物語

第165段 水尾の御門の御時左大弁のむすめ弁の御息所とていますかりける・・・

校訂本文

水尾の御門1)の御時、左大弁のむすめ、弁の御息所とて、いますかりける。御門、御髪(みぐし)おろし給ひてのちに、一人いますかりけるを、在中将2)の忍びて通ひけり。

中将、病いと重くしてわづらひけるを、もとの妻(め)どももありければ、いと忍びてあることなれば、行きてもえとぶらひ給はず、忍び忍びになんとぶらひけること日々にありけり。

さるに、とはぬ日なんありける。病もいと重くて、その日になりにけり。中将のもとより、

  つれづれといとど心のわびしきに今日をとはずて暮してんとや

とておこせたりける。

「弱くなりにたる」とて、いといたく泣き騒ぎて、「返り事せむ」とするほどに、「死にけり」と聞きて、いといみじかりけり。

死なんとする今となりて詠みたりける。

  つひに行く道とはかねて聞きしかど昨日今日とは思はざりしを

とよみてなんたえはてにける

翻刻

水尾のみかとの御とき左大弁のむす
め弁のみやす所とていますかりける
みかと御くしをろし給てのちにひと
りいますかりけるをさい中将のしのひ
てかよひけり中将やまひいとおもくし
てわつらひけるをもとのめとももあ
りけれはいとしのひてあることなれは
いきてもえとふらひたまはすしのひしのひに
なんとふらひけること日々にありけ
りさるにとはぬ日なんありけるや/d64l
まひもいとおもく(りイ)てその日になりに
けり中将のもとより
  つれつれといととこころのわひしきにけふ
  をとはすてくらしてんとや
とておこせたりけるよはくなり
にたるとていといたくなきさわき
てかへりことせむとするほとにしに
けりとききていといみしかりけり
しなんとするいまとなりてよみた
りける
  つひにゆくみちとはかねてきき/d65r
  しかときのふけふとは思はさりしを
とよみてなんたえはてにける/d65l
1)
清和天皇
2)
在原業平
text/yamato/u_yamato165.txt · 最終更新: 2017/09/17 15:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa