ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yamato:u_yamato161

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:yamato:u_yamato161 [2017/09/16 16:16]
Satoshi Nakagawa 作成
text:yamato:u_yamato161 [2017/09/16 16:17] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 10: ライン 10:
 となんのたまへりける。返しを人なん忘れにける。 となんのたまへりける。返しを人なん忘れにける。
  
-さて、后(きさい)の宮、春宮の女御と聞こえて、大原野((大原野神社))に詣で給ひけり。御供に、上達部(かんだちべ)・殿上人、いと多くつかうまつりけり。在中将もつかうまつれり。御車のあたりに、なま暗き折に立てりけり。御社(みやしろ)にて、おほかたの人々、禄賜はりて、のちなりけり。御車のしりより、奉れる御単衣(ひとへ)の御衣(おんぞ)をかづけさせ給へりけり。+さて、后(きさい)の宮、春宮の女御と聞こえて、大原野((大原野神社))に詣で給ひけり。御供に、上達部(かんだちべ)・殿上人、いと多くつかうまつりけり。 
 + 
 +在中将もつかうまつれり。御車のあたりに、なま暗き折に立てりけり。御社(みやしろ)にて、おほかたの人々、禄賜はりて、のちなりけり。御車のしりより、奉れる御単衣(ひとへ)の御衣(おんぞ)をかづけさせ給へりけり。
  
 在中将、給はるまに、 在中将、給はるまに、


text/yamato/u_yamato161.txt · 最終更新: 2017/09/16 16:17 by Satoshi Nakagawa