Recent changes RSS feed

大和物語

第161段 在中将二条の后宮いまだ御門にもつかうまつり給はで・・・

校訂本文

在中将1)、二条の后宮2)いまだ御門にもつかうまつり給はで、ただ人におはしましけるに、よばひ奉りける時、ひじきといふ物をおこせて、かくなん、

  思ひあらばむぐらの宿に寝もしなんひじき物には袖をしつつも

となんのたまへりける。返しを人なん忘れにける。

さて、后(きさい)の宮、春宮の女御と聞こえて、大原野3)に詣で給ひけり。御供に、上達部(かんだちべ)・殿上人、いと多くつかうまつりけり。

在中将もつかうまつれり。御車のあたりに、なま暗き折に立てりけり。御社(みやしろ)にて、おほかたの人々、禄賜はりて、のちなりけり。御車のしりより、奉れる御単衣(ひとへ)の御衣(おんぞ)をかづけさせ給へりけり。

在中将、給はるまに、

  大原や小塩(をしほ)の山も今日こそは神代のことを思ひ出づらめ

と忍びやかに言ひけり。昔思し出でて、「をかし」と思しけり。

翻刻

さい中将にてうの后宮いまたみかとにも
つかうまつり給はてたた人におはし/d62l
ましけるによはひたてまつりける
ときひしきといふ物ををこせてかくなん
  おもひあらはむくらのやとにねもし
  なんひしきものにはそてをしつつも
となんのたまえりけるかへしを人なん
わすれにける
さてきさいのみや春宮の女御ときこえ
て大原野にまうてたまひけり御ともにかんたちへ殿上人いとおほくつかうまつりけり在中将もつかうまつれり御車のあたりになまくらきおりにたてりけりみやしろにておほかたの人々ろく給はりて後なりけり御くる
まのしりよりたてまつれる御ひとへの
御そをかつけさせたまえりけりさい
中将たまはるまに/d63r
  おほはらやをしをのやまもけふ
  こそは神よのことをおもひいつらめ
としのひやかにいひけりむかしおほしいてて
おかしとおほしけり又/d63l
1)
在原業平
2)
藤原高子
3)
大原野神社
text/yamato/u_yamato161.txt · 最終更新: 2017/09/16 16:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa