Recent changes RSS feed

大和物語

第160段 同じ内侍に在中将の住みける・・・

校訂本文

同じ内侍1)に在中将2)の住みける時、中将のもとに詠みてやりける。

  あきはぎを色どる風の吹きぬれば人の心も疑はれけり

とありければ、返り事、

  あきの色3)を色どる風の吹きぬれど心はかれじ草葉ならねば

となん言へりける。

かくて、住まずなりてのち、中将のもとより衣(きぬ)をなん、しにおこせたりける。それに、「洗ひなどする人なくて、いとわびしくなんある。なほ、必ずして給へ」となんありければ、内侍の、「御心もてあることにこそあなれ。

  大幣(おほぬさ)になりぬる人のかなしきは寄る瀬ともなくしかぞなくなる

となん言ひやりける。中将、

  ながるとも何とか見えん手に取りて引きけん人ぞ幣(ぬさ)と知るらん

となんいひける。

翻刻

をなしないしにさい中将のすみける
とき中将のもとによみてやりける
  あきはきをいろとるかせのふき
  ぬれはひとのこころもうたかはれけり
とありけれはかへり事
  あきのいろをいろとるかせのふき
  ぬれとこころはかれしくさ葉ならねは
となんいへりけるかくてすますなり
てのち中将のもとよりきぬをなん
しにおこせたりけるそれにあらひ
なとする人なくていとわひしくなん/d62r
あるなをかならすしてたまへとなん
ありけれはないしの御心もてある
ことにこそあなれ
  おほぬさになりぬる人のかなし
  きはよるせともなくしかそなくなる
となんいひやりける中将
  なかるともなにとかみえんてにと
  りてひきけん人そぬさとしるらん
となんいひける/d62l
1)
159段の染殿の内侍。
2)
在原業平
3)
「秋の色」は諸本「秋の野」
text/yamato/u_yamato160.txt · 最終更新: 2017/09/16 15:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa