Recent changes RSS feed

大和物語

第158段 大和の国に男ありけり・・・

校訂本文

大和の国に、男1)ありけり。年月かぎりなく思ひて住みけるを、いかがしけん、女を得てけり。なほもあかず、この家に率(ゐ)て来て、壁を隔てて住みて、わが方(かた)にはさらに寄り来ず、「いと憂し」と思へど、さらに言ひも妬まず。

秋の夜(よ)の長きに、目を覚まして聞けば、鹿なん鳴きける。ものも言はで聞きけり。

壁を隔てたる男、「聞き給ふや2)、西こそ」と言ひければ、「何事」といらへければ、「この鹿の鳴くは聞き給ふや」と言ひければ、「さ聞く」など、いらへけり。男、「さて、それをば、いかが聞き給ふ」と言ひければ、女、ふといらへけり。

  われもしかなきてぞ人に恋ひられし今こそよそに声をのみ聞け

と詠みたりければ、かぎりなくめでて、この今の妻(め)をば送りて、もとのごとなん住みわたりける。

翻刻

やまとのくににおとこありけり
とし月かきりなくおもひてすみ
けるをいかかしけん女をえてけ/d60r
りなをもあかすこのいへにいてきてかへを
へたててすみてわかかたにはさらに
よりこすいとうしとおもへとさらに
いひもねたますあきのよのなかきに
めをさましてきけはしか
なんなきけるものもいはてききけ
りかへをへたてたるをとこきき
給やうにしこそといひけれはなにことと
いらへけれはこのしかのなくはきき給
やといひけれはさきくなといらへけり
おとこさてそれをはいかかきき給と/d60l
いひけれは女ふといらへけり
  われもしかなきてそ人にこひら
  れしいまこそよそにこゑをのみきけ
とよみたりけれはかきりなくめ
ててこのいまのめをはをくりてもとの
ことなんすみわたりける/d61r
1)
底本「おとこ」だが、諸本「男女」。
2)
底本「給ふやう」。諸本により「う」を削除。
text/yamato/u_yamato158.txt · 最終更新: 2017/09/15 01:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa