Recent changes RSS feed

大和物語

第157段 下野の国に男女住みわたりけり・・・

校訂本文

下野の国に、男・女住みわたりけり。年ごろ住みけるほどに、男、妻(め)まうけて、心変り果てて、この家にありける物どもを、今の妻のがり、かき払ひ運び行く。「心憂し」と思へど、なほまかせて見けり。塵(ちり)ばかりの物も残さず、みな持(も)て往(い)ぬ。

ただ残りたるものは、馬舟(うまぶね)のみなんありける。それを、この男の従者、「まかぢ」といひける童を使ひけるして、この舟をさへ取りにおこせたり。

この童に女の言ひける。「なむぢも今はここに見えじかし」など言ひければ、「などてか、さぶらはざらん。主(ぬし)おはせずとも、さぶらひなん」など言ひたてり。女、「主に消息聞こえんは。申してんや。文(ふみ)はよに見給はじ。ただ言葉にて申せよ」と言ひければ、「いとよく申してん」と言ひければ、かく言ひける、

  「『舟も往ぬまかぢも見えじ今日よりは憂き世の中をいかで渡らん』

と申せ」と言ひければ、男に、「かく」と言ひければ、物かきふるひ去(い)にし男なん、しかしながら運び返して、もとのごとく、あからめもせで、添ひゐにける。

翻刻

しもつけのくににおとこ女すみわたり
けりとしころすみけるほとにおとこ
めまうけてこころかはりはててこの
いへにありけるものともをいまのめ
のかりかきはらひはこひいくこころ
うしとおもへとなをまかせてみけり
ちりはかりのものものこさすみな
もていぬたたのこりたるものはむま/d59r
ふねのみなんありけるそれをこの
おとこのすさまかちといひけるわらは
をつかひけるしてこのふねをさへとり
におこせたりこのわらはに女のいひける
なむちもいまはここにみえしかしなと
いひけれはなとてかさふらはさらんぬし
おはせすともさふらひなんなといひ
たてり女ぬしにせうそこきこえん
は申てんやふみはよにみたまはし
たたことはにて申よといひけれは
いとよく申てんといひけれはかくいひ/d59l
ける
  ふねもいぬまかちもみえしけふよ
  りはうきよのなかをいかてわたらん
と申せといひけれはおとこにかくと
いひけれはものかきふるひいにしおと
こなんしかしなからはこひかへして
もとのことくあからめもせてそい
ゐにける/d60r
text/yamato/u_yamato157.txt · 最終更新: 2017/09/14 22:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa