Recent changes RSS feed

大和物語

第156段 信濃の国に更級といふ所に男住みけり・・・

校訂本文

信濃の国に、更級(さらしな)といふ所に、男住みけり。若き時に親は死にければ、をばなん親のごとくに、若くよりあひ添ひてあるに1)、この妻(め)の心、いと心憂きことに思えて、この姑(しうとめ)の老い2)かがまりて居たるを、つねに憎みつつ、男にも、をばのみ心のさがなく悪しきことを言ひ聞かせければ、昔のごとくにあらず、おろかなること多く、このをばのためになりゆきけり。

このをば、いといたう老いて、二重にて居たり。これをなほ、この嫁、ところせがりて、「今まで死なぬこと」と思ひて、良からぬことを言ひて、「持ていまして、深き山に捨て給ひてよ」とのみ責めければ、責められわびて、「さしてん」と思ひなりぬ。

月のいと明かき夜、「嫗(おうな)ども、いざ給へ。寺に貴きわざする、見せ奉らん」と言ひければ、かぎりなく喜びて、負はれにけり。高き山の麓(ふもと)に住みければ、その山に、はるばると入りて、かぎりなく高き山の峰の、下り来べくもあらぬに置きて、逃げて来ぬ。「やや」と言へど、いらへもせで、逃げて、家に来て、思ひをるに、言ひ腹立てける折は、腹立ちて、かくしつれど、年ごろ親のごと養ひつつ、あひ添ひてければ、いと悲しく思えけり。

この山の上(かみ)より、月もいとかぎりなく明かくて出でたるを眺めて、夜一夜(よひとよ)いも寝られず、悲しく思えければ、かく詠みたりける。

  わが心なぐさめかねつ更級や姨捨山(をばすてやま)に照る月を見て

と詠みてなん、また行きて迎へ持て来にける。それよりなん、姨捨山といひける。「なぐさめがたし」とは、これがよしになんありける。

翻刻

しなののくににさらしなといふと
ころにおとこすみけりわかき時
におやはしにけれはをはなんおやのこ
とくにわかくよりあひそひてある
□このめのこころいとこころうき/d57r
ことにおほえてこのしうとめの□ひ
かかまりてゐたるをつねににくみ
つつおとこにもおはのみこころのさか
なくあしきことをいひきかせけれ
はむかしのことくにあらすおろかなる
ことおほくこのをはのためになり
ゆきけりこのをはいといたうおひ
てふたへにてゐたりこれをなを
このよめところせかりていままて
しなぬこととおもひてよからぬことを
いひてもていましてふかきやまにす/d57l
てたまひてよとのみせめけれはせめられ
わひてさしてんとおもひなりぬ月の
いとあかきよおうなともいさ給へてら
にたうときわさするみせたてまつ
らんといひけれはかきりなくよろこひ
ておはれにけりたかきやまのふも
とにすみけれはそのやまにはるはると
いりてかきりなくたかきやまのみ
ねのをりくへくもあらぬにおきて
にけてきぬややといへといらへもせて
にけていへにきておもひをるにいひ/d58r
はらたてけるをりははらたちて
かくしつれととしころをやのことや
しなひつつあひそひてけれはいとかな
しくおほえけりこのやまのかみよ
り月もいとかきりなくあかくてい
てたるをなかめてよひとよいも
ねられすかなしくおほえけれはかく
よみたりける
  わかこころなくさめかねつさらし
  なやをはすてやまにてる月をみて
とよみてなんまたいきてむかへもてき/d58l
にけるそれよりなんおはすてやまと
いひけるなくさめかたしとはこれか
よしになんありける/d59r
1)
底本「に」虫損。諸本により補入
2)
「老い」底本、「□ひ」で「お」を虫損。諸本により補う。
text/yamato/u_yamato156.txt · 最終更新: 2017/09/14 01:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa