Recent changes RSS feed

大和物語

第154段 大和の国なりける人のむすめいときよらにてありけるを・・・

校訂本文

大和の国なりける人のむすめ、いときよらにてありけるを、京より来たりける男の、かいま見て見けるに、いとをかしげなりければ、盗みてかき抱(いだ)きて、馬にうち乗せて、逃げて往にけり。いとあさましう、恐しう思ひけり。

日暮れて、竜田山に宿りぬ。草の中にあふり解き敷きて、女を抱きて臥せり。女、「恐し」と思ふことかぎりなし。

「わびし」と思ひて、男のもの言へども、いらへもせで泣きければ、男、

  誰(た)がみそぎゆふつけ鳥か唐衣竜田の山におりはへてなく

女、返事、

  竜田山1)岩根をさしてゆく水の行方も知らぬわがごとやなく

と詠みて死にけり。いとあさましくて、男、抱き持ちて泣きける。

翻刻

やまとのくになりけるひとのむすめ
いときよらにてありけるを京より
きたりけるおとこのかひまみてみけ
るにいとをかしけなりけれはぬすみて
かきいたきてむまにうちのせてに
けていにけりいとあさましうをそ
ろしうおもひけり日くれてたつた
やまにやとりぬくさのなかにあふ
りをときしきて女をいたきてふせ
り女おそろしとおもふことかきりなし
わひしとおもひておとこのものいへとも/d54l
いらへもせてなきけれはおとこ
  たかみそきゆふつけとりかから衣
  たつたのやまにをりはへてなく
女返事
  たつたや(川)まいはねをさしてゆく
  みつのゆくへもしらぬわかことやなく
とよみてしにけりいとあさましくて
おとこいたきもちてなきける/d55r
1)
底本「川」と傍書。
text/yamato/u_yamato154.txt · 最終更新: 2017/09/12 23:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa