Recent changes RSS feed

大和物語

第153段 奈良の御門位におはしましける時嵯峨の御門は坊におはしまして・・・

校訂本文

ならの御門1)、位におはしましける時、嵯峨の御門2)は坊におはしまして、詠みて奉り給ひける。

  みな人のその香に3)めづる藤袴(ふぢばかま)君のみためと手折(たお)りたる今日

御門の御返事、

  折る人の心のままに藤袴むべ色深く匂ひたりけり

翻刻

平城天皇 大同天子
ならのみかとくらひにおはしまし
けるときさかのみかと(弘仁)は坊におは
しましてよみてたてまつり給ける
  みな人のそのかみめつるふち
  はかまきみのみためとたをりたるけふ
御かとの御返事
  をる人のこころのままにふちはか
  まむへいろふかくにほひたりけり/d54r
1)
平城天皇
2)
嵯峨天皇
3)
「香に」は底本「かみ」。諸本により訂正
text/yamato/u_yamato153.txt · 最終更新: 2017/09/12 22:58 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa