Recent changes RSS feed

大和物語

第152段 同じ御門狩りいとかしこく好み給ひけり・・・

校訂本文

同じ御門1)、狩りいとかしこく好み給ひけり。陸奥国岩手(みちのくにいはて)の郡(こほり)より奉れる御鷹、世になくかしこかりければ、になう思して、御手鷹(てだか)にし給ひけり。名をば岩手となん付け給ひける。

それを、かの道に心ありて、預かりつかうまつりたまひける大納言に預け給ひける。夜昼これを預かりて、とり飼ひ給ふほどに、いかがし給ひけむ、そらしたまひてけり。

心肝(こころきも)をまどはして求むるに、さらにえ見出でず。山々に人をやりつつ求めさすれど、さらになし。みづからも深き山に入りて、まどひ歩(あり)き給へど、かひもなし。こ のことを奏せで、しばしもあるべけれど、二・三日をあけず御覧ぜぬ日なし。

「いかがせん」とて、内裏(うち)に参り給ひて、御鷹の失せたるよしを奏し給ふ時に、御門、ものものたまはず。「聞こし召しつけぬにやあらん」とて、また奏し給ふに、面(おもて)をのみまぼらせ給ひて、ものものたまはず。「『たいだいし2)』と思し召したるなりけり」と、われにもあらぬ心地して、かしこまりいますかりて、「この御鷹の求むるに侍らぬことを、いかさまにかし侍らむ。などか、仰せごとも給はぬ」と奏し給ふ時に、御門、

  いはで思ふぞ言ふにまされる

とのたまひけり。かくのみのたまはせて、異事(ことごと)ものたまはざりけり。御心の内に、いといふかひなく、惜しく思さるるになんありける。

これをなん、世の中の人、末をば3)とかく付けらる。もとは、かくのみなんありける。

翻刻

をなしみかとかりいとかしこくこのみ
たまひけりみちのくにいはてのこほ
りよりたてまつれる御たかよに
なくかしこかりけれはになうお
ほして御てたかにしたまひけり
なをはいはてとなんつけ給けるそれ
をかのみちにこころありてあつかり
つかうまつりたまひける大納言に
文武朝大納言 大宝元年 石上朝臣麿 淡海公 紀朝臣麿 三人三月任慶雲二年 大伴安麿 八月任
あつけたまひけるよるひるこれを
十一月大宰帥
あつかりてとりかひたまふほとに
いかかし給けむそらしたまひてけり/d52l
こころきもをまとはしてもとむる
にさらにえみいてすやまやまに人をや
りつつもとめさすれとさらになし
身つからもふかきやまにいりて
まとひありきたまへとかひもなしこ
のことをそうせてしはしもあるへ
けれと二三日をあけすこらんせぬ
日なしいかかせんとてうちにまいり
たまひて御たかのうせたるよしを
そうしたまふときにみかとものも
のたまはすきこしめしつけぬにや/d53r
あらんとてまたそうし給におもてを
のみまほらせ給てものものたまはすたいたい
とおほしめしたるなりけりとわ
れにもあらぬ心ちしてかしこまり
いますかりてこの御たかのもとむる
に侍らぬことをいかさまにかし侍ら
むなとかおほせこともたまはぬと
そうしたまふときにみかと
  いはておもふそいふにまされる
との給ひけり
かくのみの給はせてこと事もの給は
さりけり御こころのうちにいといふかひ/d53l
なくおしくおほさるるになんありける
これをなんよのなかの人すえをはと
かくつけらるもとはかくのみなんありける/d54r
1)
150段の「ならの御門」。
2)
底本「し」なし。諸本により補う」
3)
諸本「もとをば」
text/yamato/u_yamato152.txt · 最終更新: 2017/09/12 22:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa