Recent changes RSS feed

大和物語

第150段 昔奈良の御門につかうまつる采女ありけり・・・

校訂本文

昔、ならの御門につかうまつる采女(うねべ)ありけり。顔・形いみじくきよらにて、人々よばひ、殿上人などしよばひけれど、あはざりけり。そのあはぬ心は、御門をかぎりなくめでたきものになん思ひ奉りける。

御門、召してけり。さてのち、またも召さざりければ、かぎりなく、「心憂し」と思ひけり。夜昼心にかかりて思え給ひつつ、恋ひしう、わびしく思ひ給ひけり。御門は召ししことも思さず。さすがに、つねには見奉る。いかにも世に経(ふ)べき心地し給はざりければ、夜、みそかに出でて、猿沢の池に身を投げてけり。

かく投げつとも御門は知ろしめさざりけるを、事のついでありて、人の奏しければ、聞こし召してけり。いといたくあはれがり給ひて、池のほとりに行幸(みゆき)し給ひて、人々に歌詠ませ給ふ。

柿本人麻呂、

  わぎもこが寝くたれ髪を猿沢の池の玉藻(たまも)と見るぞ悲しき

と詠める時に、御門、

  猿沢の池もつらしなわぎもこが玉も1)かづかば水ぞひまなし

と詠み給ひけり。

さて、この池に墓せさせ給ひてなん、帰らせおはしましけるとなん。

翻刻

むかしならのみかとにつかうまつる
うねへありけりかをかたちいみしく
きよらにて人々よはひてんしやう
ひとなとしよはひけれとあはさり
けりそのあはぬこころはみかとを
かきりなくめてたきものにな
んおもひたてまつりけるみかと/d50l
めしてけりさてのちまたもめささ
りけれはかきりなくこころうしと
おもひけりよるひるこころにかかり
ておほえたまひつつこひしうわひし
くおもひたまひけりみかとはめしし
こともおほさすさすかにつねには
みたてまつるいかにもよにふへき
心ちしたまはさりけれはよるみ
そかにいててさるさはのいけに身を
なけてけりかくなけつともみか
とはしろしめささりけるを事/d51r
のついてありて人のそうしけれは
きこしめしてけりいといたくあはれ
かり給ていけのほとりにみゆきし
たまひてひとひとにうたよませ給
かきのもとの人まろ
  わきもこかねくたれかみをさる
  さはのいけのたまもとみるそかなしき
とよめるときにみかと
  さるさはのいけもつらしなわき
  もこかたましかつかはみつそひまなし
とよみたまひけりさてこのいけに/d51l
はかせさせたまひてなんかへらせ
おはしましけるとなん/d52r
1)
「も」は底本「し」。諸本により訂正
text/yamato/u_yamato150.txt · 最終更新: 2017/09/12 22:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa