Recent changes RSS feed

大和物語

第148段 津の国の難波のわたりに家居して住む人ありけり・・・

校訂本文

津の国の難波(なには)のわたりに家居して住む人ありけり。あひ知りて年ごろありける、男も女も、いと下種(げす)にはあらざりけれども、年ごろ、わたらひなども悪(わろ)くなりて、家も壊(こぼ)れ、使ふ人なども徳ある所へ行きつつ、ただ二人住みわたるほどに、さすがに下種にしあらねば、人に雇はれ、使はれもせず、いとわびしかりけるままに、思ひわびて、二人言ひけるやう、「なほ、いとかくわびしうては、えあらじ」。男は、「かくはかなくてのみいますかめるを見捨てては、いづちもいづちもえ行くまじ」。女は、「男を捨てては、いづち行かむ」とのみ言ひわたりけるを、男「おのれは、とてもかくても経(へ)なん。女のかく若きほどに、かくてなんある、いといとほし。京に上りて宮仕へもし、よろしきやうにもならば、われをもとぶらへ。おのれも人のごともならば、必ず尋ねとぶらはん」など、泣く泣く言ひ契りて、便りの人に付きて、女は京に来にけり。

さしはへ、いづこともなくて来たれば、この付きて来し人のもとに居て、「いとあはれ」と思ひやりけり。前に荻・薄(すすき)いと多き所になんありける。風なと吹きたるに、かの津の国を思ひやりて、「いかであらん」など、悲しくて詠みける。

  一人していかにせましとわびつれはそよとも前の荻ぞ答ふる

となん、一人ごちける。

さて、とかく女さすらへて、ある人の、やむごとなき所に宮たてたり。さて宮仕ひするほどに、装束(さうぞく)きよげに、むつかしきこともなくてありければ、いときよらかに、顔・形もなりにけり。

かかれども、かの津の国を片時(かたとき)も忘れず、「いとあはれ」と思ひやりけり。便り人に文(ふみ)付けてやりたりければ、「さいふ人も聞こえず」など、いとはかなく言ひつつ来にけり。わがむつまじう知れる人もなかりければ、心ともえやらず、いとおぼつかなく、「いかがあらん」とのみ思ひやりけり。

かかるほどに、この宮仕へする所の北の方失せ給ひて、これかれある人を召し使ひ給ひなどする中に、この人を思ひ給ひけるほどに、思ひつきて妻(め)になりにけり。思ふこともなくて、めでたげにて居たるに、ただ人知れず思ふこと一つなむありける。

「いかにしてあらん。悪しうてやあらん、良うてやあらん。わがありどころもえ知らざらん。さて、人をやりて尋ねさせむとすれど、わが男聞きて、うたてあるさまにもこそあれ」と念じつつありわたるに、なほいとあはれに思ゆれば、男に言ひけるやう、「津の国といふ所の、いとをかしげなるに、いかで難波に祓へしにてふまからん」と言ひければ、「いとよきことなり。われ、もろともに」と言ひければ、「そこには、何ものし給はんぞ。おのれ一人まからむ」と言ひつつ出で立ちて往(い)にけり。

難波に祓へして帰りなどする時に、「このわたりに、見るべきことなんある」とて、「いま少し、とやれ、かくやれ」と言ひて、この車をやらせつつ、家のありしわたりを見るに、屋(や)もなし、人もなし。「何方(いづかた)へ往にけむ」と悲しう思ひけり。

かかる心ばへにて、ふりはへ来けれども、われむつまじき従者(ずさ)もなし。かかれば、尋ねさすべき方もなし。いとあはれなれば、車を立てて眺むるに、供の人は、「日も暮れぬべし」とて、「御車うながしてん」と言ふに、「しばし」と言ふほどに、芦担(にな)ひたる男の、かたゐのやうなる姿なる、この車の前より行きけり。これが顔を見るに、その人といふべくもあらず。いみじきさまなれど、わが男に似たりけり。

これを見て、よく見まほしさに、「この芦持ちたる男、呼ばせよ。かの芦買はん」と言はせけり。さりければ、「用なき物、買ひ給ふ」とは思ひけれど、主(しう)ののたまふことなれば、呼びて買はす。

「車のもと近く担ひ寄せさせよ。見ん」など言ひて、この男の顔をよく見るに、それなりけり。「いとあはれに、かかる物商ひて世経る人、いかならん」と言ひて泣きければ、供の人は、なほ、「おほかたの世をあはれがる」となん思ひける。

かくて、「この芦の男に、物など食はせよ。物など、いと多く芦の値(あたひ)に取らせよ」と言ひければ、「すずろなる者に、何かは物多く賜はん」など、ある人々も言ひければ、しひても言ひにくくて、「いかで物を取らせむ」と思ふ間に、下簾(したすだれ)のはざまの開きたるより、この男守れば、わが妻(め)に似たり。あやしさに、目をとどめて見るに、「顔も声もそれなりけり」と思ふに、思ひ合はせて、わがさまのいといらなく1)なりたるを思ひけるに、いとはしたなくて、芦もうち捨てて、走り逃げにけり。「しばし」と言はせけれど、人の家に逃げ入りて、竈(かま)の後方(しりへ)にかがまりてをりける。

この車より、「なほこの男、尋ねて率(ゐ)て来(こ)」と言ひければ、供の人、手を分かちて、求め騒ぎけり。人、「そこなる家になん侍りける」と言へば、この男に、「かく仰せごとありて召すなり。何の、うち引かせ給ふべきにもあらず。物をこそは賜はせんとすれ、幼き者などのやうなる」と言ふ時に、硯を乞ひて文を書く。

それに、

  君なくてあしかりけりと思ふにもいとど難波の浦ぞ住み憂き

と書きて、封して、「これを御車に奉れ」と言ひければ、「あやし」と思ひて持て来て奉る。開けて見るに、悲しきことものに似ず。よよとぞ泣きける。

さて、返しはいかがしたりけん、知らず。車に着たりける衣(きぬ)脱ぎて、包みて、文など書き具してやりける。さてなん帰りける。のちにはいかがなりにけん、知らず。

  あしからじとてこそ人の別れけめなにか難波の浦も住み憂き

翻刻

つのくにのなにはのわたりにいへゐ
してすむ人ありけりあひしりて
としころありけるおとこも女もいと
けすにはあらさりけれともとしころわ
たらひなともわろくなりていへも
こほれつかふ人なともとくある所へ
いきつつたたふたりすみわたる/d41l
ほとにさすかにけすにしあらねは人に
やとはれつかはれもせすいとわひしかり
けるままにおもひわひてふたりいひ
けるやうなをいとかくわひしうては
えあらしおとこはかくはかなくてのみ
いますかめるをみすててはいつちもいつちも
えいくまし女はおとこをすててはいつち
いかむとのみいひわたりけるをおとこ
おのれはとてもかくてもへなん女のか
くわかきほとにかくてなんあるいと
いとをし京にのほりてみやつかへ/d42r
もしよろしきやうにもならはわれ
をもとふらへおのれも人のこともなら
はかならすたつねとふらはんなとなくなく
いひちきりてたよりの人につきて
女は京にきにけりさしはへいつことも
なくてきたれはこのつきてこし
人のもとにゐていとあはれとおもひや
りけりまへにおきすすきいとおほき
ところになんありけるかせなとふき
たるにかのつのくにをおもひやり
ていかてあらんなとかなしくてよみける/d42l
  ひとりしていかにせましとわひつ
  れはそよともまへのおきそこたふる
となんひとりこちけるさてとかく
をむなさすらへてある人のやむことな
きところにみやたてたりさてみや
つかひするほとにさうそくきよ
けにむつかしきこともなくてあ
りけれはいときよらかにかをかた
ちもなりにけりかかれともかのつ
のくにをかたときもわすれすいと
あはれとおもひやりけりたより/d43r
ひとにふみつけてやりたりけれは
さいふ人もきこえすなといとはかな
くいひつつきにけりわかむつまし
うしれる人もなかりけれはこころ
ともえやらすいとおほつかなくいかか
あらんとのみおもひやりけりかかる
ほとにこのみやつかへする所のきた
のかたうせたまひてこれかれある
人をめしつかひたまひなとする
なかにこの人をおもひたまひける
ほとにおもひつきてめになりに/d43l
けりおもふこともなくてめてた
けにてゐたるにたたひとしれす
おもふことひとつなむありけるい
かにしてあらんあしうてやあらん
ようてやあらんわかありところも
えしらさらんさて人をやりてたつね
させむとすれとわかおとこききて
うたてあるさまにもこそあれとねんし
つつありわたるになをいとあは
れにおほゆれはおとこにいひける
やうつのくにといふ所のいとをかし/d44r
けなるにいかてなにはにはらへしに
てふまからんといひけれはいとよきこと
なりわれもろともにといひけれはそ
こにはなにものしたまはんそおの
れひとりまからむといひつついてたち
ていにけりなにはにはらへしてかへり
なとする時にこのわたりにみる
へきことなんあるとていますこし
とやれかくやれといひてこのくるまを
やらせつついへのありしわたりをみるに
やもなし人もなしいつかたへいに/d44l
けむとかなしうおもひけりかかる
こころはへにてふりはへきけれと
もわれむつましきすさもなしかか
れはたつねさすへきかたもなしいと
あはれなれはくるまをたててなか
むるにともの人は日もくれぬへし
とて御くるまうなかしてんといふ
にしはしといふほとにあしになひ
たるおとこのかたへのやうなるす
かたなるこのくるまのまへよりいき
けりこれかかををみるにその人と/d45r
いふへくもあらすいみしきさまなれと
わかおとこににたりけりこれを
みてよくみまほしさにこのあし
もちたるおとこよはせよかのあ
しかはんといはせけりさりけれは
ようなきものかひたまふとは思ひ
けれとしうのの給ことなれはよひて
かはすくるまのもとちかくになひ
よせさせよみんなといひてこのを
とこのかををよくみるにそれな
りけりいとあはれにかかるものあ/d45l
きなひてよふる人いかならんといひ
てなきけれはとものひとはなをおほ
かたのよをあはれかるとなんおもひ
けるかくてこのあしのをとこに
ものなとくはせよものなといとおほ
くあしのあたひにとらせよといひ
けれはすすろなるものになに
かはものおほくたまはんなとある
ひとひともいひけれはしゐてもいひ
にくくていかてものをとらせ
むとおもふあひたにしたすたれ/d46r
のはさまのあきたるよりこのをと
こまもれはわかめににたりあや
しさにめをととめてみるにかほ
もこゑもそれなりけりとおもふにおも
ひあはせてわかさまのいというなく
なりたるをおもひけるにいとは
したなくてあしもうちすてて
はしりにけにけりしはしといはせ
けれと人のいへににけいりてかま
のしりへにかかまりてをりけ
るこのくるまよりなをこのをとこ/d46l
たつねてゐてこといひけれはともの
ひとてをわかちてもとめさはきけ
り人そこなるいへになん侍けると
いへはこのおとこにかくおほせこと
ありてめすなりなにのうちひか
せ給へきにもあらすものをこそは給
はせんとすれをさなきものなとの
やうなるといふときにすすりを
こひてふみをかくそれに
  きみなくてあしかりけりとおも
  ふにもいととなにはのうらそすみうき/d47r
とかきてふうしてこれを御くるま
にたてまつれといひけれはあやしと
おもひてもてきてたてまつるあけ
てみるにかなしきことものににす
よよとそなきけるさてかへしはい
かかしたりけんしらすくるまに
きたりけるきぬぬきてつつみてふ
みなとかきくしてやりけるさて
なんかへりけるのちにはいかかなりに
けんしらす
  あしからしとてこそ人のわかれけめ/d47l
  なにかなにはのうらもすみうき/d48r
1)
「いらなく」は底本「いうなく」。諸本により訂正。
text/yamato/u_yamato148.txt · 最終更新: 2017/09/10 13:27 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa