Recent changes RSS feed

大和物語

第145段 亭子の御門河尻におはしましにけり遊女に白といふ者ありけり・・・

校訂本文

亭子の御門1)、河尻におはしましにけり。遊女(うかれめ)に白(しろ)といふ者ありけり。

召しにつかはしたりければ、参りてさぶらふに、上達部・殿上人・皇子(みこ)たち、あまたさぶらひ給ひければ、下(しも)に遠くさぶらふに、「かう遥かにさぶらふよし、歌つかうまつれ」と仰せられければ、すなはち詠みて奉りける。

  浜千鳥飛び行くかぎりありければ雲立つ山をあととこそ見れ

と詠みたりければ、いとかしこくめで給ひて、かづけものなと賜ふ。

  命だに心にかなふものならば何か別れの悲しからまし

といふ歌も、この白が詠みたりける歌なり。

翻刻

ていしのみかと河尻におはしましにけり
うかれめにしろといふものありけりめし
につかはしたりけれはまいりてさふらふに
かんたちめてんしやう人みこたちあ
またさふらひたまひけれはしもにとをく
さふらふにかうはるかにさふらふよし哥/d32l
つかうまつれとおほせられけれはすなはち
よみてたてまつりける
  はまちとりとひゆくかきりありけれは
  雲たつやまをあととこそみれ
とよみたりけれはいとかしこくめてたまひ
てかつけものなとたまふ
  いのちたにこころにかなふものならは
  なにかわかれのかなしからまし
といふうたもこのしろかよみたりけるうたなり/d33r
1)
宇多天皇
text/yamato/u_yamato145.txt · 最終更新: 2017/09/07 18:27 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa