Recent changes RSS feed

大和物語

第142段 故御息所の御姉おほいこにあたり給ひけるなんいとらうらうしく・・・

校訂本文

故御息所の御姉、おほいこにあたり給ひけるなん、いとらうらうしく、歌詠み給ふことも、おとうとたち御息所よりもまさりてなん、いますかりける。

若き時に女親(めおや)は失せ給ひにけり。継母の手にいますかりければ、心にもののかなはぬ時もありけり。さて、詠み給ひける。

  ありはてぬ命待つ間のほどばかり憂きことしげく歎かずもがな

となん詠み給ひける。

梅の花を折りて、また、

  かかる香の秋もかはらで匂(いほ)ひかど1)春恋ひしてふながめせましや

と詠み給ひける。

いとよしづきて、をかしういますかりければ、よばふ人もいと多かりけれど、返しもせざりけり。「女といふ者、つひにかくて果て給ふべきよしもあらず。時々は返事し給へ」と、親も継母も言ひければ、責められて、かくなん言ひやりける。

  思へどもかひなかるべみ忍ぶればつれなきともや人の見るらん

とばかり言ひやりて、ものも言はざりけり。かく言ひける心ばへは、親など、「男あはせん」と言ひけれど、「一生(いしやう)、男せでやみなん」といふことを、世とともに言ひける、さ言ひけるもしるく、男もせで、二十九にてなん失せ給ひにける。

この歌ども、みな古言(ふるごと)になりたることになんありける。

翻刻

こみやすところの御あねおほいこに
あたりたまひけるなんいとらうらう/d29r
しくうたよみたまふこともおと
うとたちみやす所よりもまさりて
なんいますかりけるわかきときに
めをやはうせたまひにけりままはは
のてにいますかりけれはこころに
もののかなはぬときもありけりさ
てよみたまひける
  ありはてぬいのちまつまのほとは
  かりうきことしけくなけかすもかな
となんよみ給けるむめのはなを
をりて又/d29l
  かかるかの秋もかはらてにほひかと
  はるこひしてふなかめせましや
とよみたまひけるいとよしつきて
をかしういますかりけれはよはふ
ひともいとおほかりけれとかへしも
せさりけり女といふ物つひにかくて
はてたまふへきよしもあらすときとき
は返事したまへとをやもままははも
いひけれはせめられてかくなんいひ
やりける
  おもへともかひなかるへみしのふ/d30r
  れはつれなきともやひとのみるらん
とはかりいひやりてものもいはさり
けりかくいひけるこころはへはをやなと
おとこあはせんといひけれといしやう
おとこせてやみなんといふことを
よとともにいひけるさいひけるもしるくおとこ
もせて廿九にてなんうせ給にけりこの
うたともみなふることになりたる
ことになんありける/d30l
1)
「匂ひかど」は諸本「匂ひせば」。
text/yamato/u_yamato142.txt · 最終更新: 2017/09/06 17:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa