Recent changes RSS feed

大和物語

第141段 よしいへといひける宰相の兄弟大和の掾といひてありけり・・・

校訂本文

よしいへ1)といひける宰相の兄弟(はらから)、大和の掾(ぞう)といひてありけり。それがもとの妻(め)のもとに、筑紫(つくし)より女を率てきて据(す)ゑたりけり。もとの妻も、心いとよく。今の妻もにくき心もなく、いとよく語らひて居たりける。

かくて、この男は、ここかしこ、人の国がちにのみ歩(あり)きければ、二人のみなん居たりける。

この筑紫の妻、忍びて男したりけり。それを、人のとかく言ひければ、詠みたりける。

  夜半(よは)に出でて月だに見ずは逢ふことを知らず顔にも言はましものを

となん。

かかるわざをすれど、もとの妻、いと心よき人なれば、男にも言はでのみなんありわたれども、ほかの便りありて、「かく男すなり」と聞きて、この男、思ひたりけれど、心にも入れで、たださるものにて置きたりけり。

さて、この男、「女、異人(ことひと)にもの言ふ」と聞きて、「その人とわれと、いづれをか思ふ」と問ひたりければ、女、

  花薄(はなすすき)君が方(かた)にぞなびくめる思はぬ山の風は吹けども

となん言ひける。

よばふ男もありけり。「世の中、心憂し。なほ男せじ」など言ひけるものなん、この男をやうやう思ひやつきけん、この男の返り事などして、このもとの妻のもとに文をなん引き結びておこせたりける。見れば、かく書けり。

  身を憂しと思ふ心の懲りねばや人をあはれと思ひそむらん

となん、懲(こ)りずまに詠みたりける。

かくて、心の隔てもなくて、あはれなれば、「いとあはれ」と思ふほどに、男は心かはりにければ、ありしごともあらねば、かの筑紫に親・兄弟(はらから)などもありければ、行きけるを、男も心かはりにければ、留めでなんやりける。もとの妻なん、もろともにありならひにければ、かくて行くことを、「いと悲し」と思ひける。

山崎にもろともになん行きて、船に乗せなどす。男も来たりけり。この後妻(うはなり)、一日一夜(ひとひひとよ)、よろづのことを言ひ語らひて、つとめて船に乗りぬ。今は、男、もとの妻と、「帰りなん」とて、車に乗りぬ。これもかれも、「いと悲し」と思ふほどに、船に乗り給ひぬる人の文を持て来たる。かくのみなん、ありける。

  二人来し道とも見えぬ波の上を思ひかけでも帰すめるかな

と言へりければ、男ももとの妻も、いたうあはれがり泣きけり。

漕ぎ出でていぬれば、返事もえせず。車は船の行くを見て、え行かず。船に乗りたる人は、「車を見る」とて、面(おもて)をさし出でて、漕ぎ行くは遠くなるままに、顔はいと小さくなるまで、見おこせければ、いと悲しかりけり。

翻刻

よしいへといひける宰相のはらから
やまとのそうといひてありけりそれか
もとのめのもとにつくしより女を
ゐてきてすへたりけりもとのめ
もこころいとよくいまのめもにく
きこころもなくいとよくかたらひて
ゐたりけるかくてこのおとこは
ここかしこひとのくにかちにのみあり
きけれはふたりのみなんゐたりけ
るこのちくしのめしのひておとこし
たりけりそれをひとのとかくいひ/d26l
けれはよみたりける
  よはにいてて月たにみつはあふこ
  とをしらすかほにもいはましものを
となんかかるわさをすれともとのめ
いとこころよきひとなれはおとこにも
いはてのみなんありわたれともほかの
たよりありてかくおとこすなり
とききてこのおとこおもひたりけ
れとこころにもいれてたたさるもの
にておきたりけりさてこのお
とこ女ことひとにものいふとききて/d27r
そのひととわれといつれをかおもふと
とひたりけれは女
  はなすすき君かかたにそなひく
  めるおもはぬやまのかせはふけとも
となんいひけるよはふおとこもあり
けりよのなかこころうしなをおとこ
せしなといひけるものなんこのおと
こをやうやうおもひやつきけんこのお
とこのかへりことなとしてこのもと
のめのもとにふみをなんひきむすひ
てをこせたりけるみれはかくかけり/d27l
  身をうしとおもふこころのこりね
  はやひとをあはれとおもひそむらん
となんこりすまによみたりける
かくてこころのへたてもなくてあはれなれはいとあはれ
とおもふほとにおとこはこころかはり
にけれはありしこともあらねはかの
ちくしにおやはらからなともあり
けれはいきけるをおとこもこころ
かはりにけれはととめてなんやりけ
るもとのめなんもろともにありなら
ひにけれはかくていくことをいとかな/d28r
しとおもひけるやまさきにもろと
もになんいきてふねにのせなとす
おとこもきたりけりこのうはな
りひとひひと夜よろつのことをいひか
たらひてつとめてふねにのりぬいま
はおとこもとのめとかへりなんとてくる
まにのりぬこれもかれもいとかなしと
おもふほとにふねにのりたまひぬる
ひとのふみをもてきたるかくのみなん
ありける
  ふたりこしみちともみえぬなみ/d28l
  のうへをおもひかけてもかえすめるかな
といへりけれはおとこももとのめも
いたうあはれかりなきけりこき
いてていぬれは返事もえせすくるま
はふねのゆくをみてえいかすふねに
のりたるひとはくるまをみるとて
おもてをさしいててこきゆくはとほく
なるままにかほはいとちいさくなる
まてみをこせけれはいとかなしかりけり/d29r
1)
橘良殖か。
text/yamato/u_yamato141.txt · 最終更新: 2017/09/05 23:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa