Recent changes RSS feed

大和物語

第140段 故兵部卿宮昇の大納言のむすめに住み給ひけるを・・・

校訂本文

故兵部卿宮1)、昇の大納言2)のむすめに住み給ひけるを、例のおまし所にはあらで、廂(ひさし)におまし敷きて、大殿籠りなどして、帰り給ひて、ほど久しうおはしまさざりけり。

かくてのたまへりける、「かの廂に敷かれたりしものは、さながらありや。取りたてやし給ひてし」とのたまへりければ、御返事に、

  敷きかへずありし3)ながらに草枕塵(ちり)のみぞゐる払ふ人なみ

とありければ、御返しに、

  草枕塵払ひに唐衣(はからころも)袂(たもと)ゆたかにたつを待てかし

とありければ、また、

  唐衣たつを待つ間のほどこそはわがしきたへの塵も積らめ

となんありければ、おはしまして、また「宇治へ狩りしになん行く」とのたまひける御返しに、

  み狩(かり)する栗駒山の鹿よりも一人寝(ぬ)る夜ぞわびしかりける

翻刻

故兵部卿宮のほるの大納言のむす
めにすみ給ひけるをれいのお
まし所にはあらてひさしにお
まししきておほとのこもりなとし
てかへり給てほとひさしうおはし
まささりけりかくての給へり
けるかのひさしにしか
れたりしものはさなからあり
やとりたてやし給てしとのた
まへりけれは御返事に
  しきかへすあはしなからに草まくら/d25l
  ちりのみそゐるはらふ人なみ
とありけれは御返に
  草まくらちりはらひにはからころも
  たもとゆたかにたつをまてかし
とありけれは又
  からころもたつをまつまのほとこそは
  わかしきたへの塵もつもらめ
となんありけれはおはしまして又宇治へ
かりしになんいくとの給ける御返に(女イ)
  みかりするくりこまやまのしかよりも
  ひとりぬる夜そわひしかりける/d26r
1)
陽成天皇皇子元良親王
2)
源昇
3)
底本「あはし」。諸本「ありし」に従う。
text/yamato/u_yamato140.txt · 最終更新: 2017/09/04 22:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa