Recent changes RSS feed

大和物語

第137段 志賀山越えの道にいはみといふ所に故兵部卿の宮・・・

校訂本文

志賀山越えの道に、いはみといふ所に、故兵部卿の宮1)、家をいとおかしう造り給ひて、時々参り給ひけり。いと忍びておはしまして、志賀に詣づる女ども見給ふ時もありけり。おほかたもいとおもしろく、家もいとをかしうなんありける。

とし子、志賀に詣で給ひけるついでに、この家に来て、見めぐりつつ見て、あはれがり、めでなどして、書き付け給ひける。

  かりにのみ来る君待つとふり出(で)つつ泣くしが山はあきぞ悲しき

となん書きつけて往にける。

翻刻

志賀やまこえのみちにいはみといふ
ところにこひやうふきやうのみや
家をいとをかしうつくり給てときとき/d23r
まいりたまひけりいとしのひておはしま
してしかにまうつる女ともみたまふ
ときもありけりおほかたもいとおもし
ろくいへもいとをかしうなんありける
としこしかにまうてたまひけるつひてに
このいへにきてみめくりつつみてあはれか
りめてなとしてかきつけたまひける
  かりにのみくるきみまつとふりて
  つつなくしかやまはあきそかなしき
となんかきつけていにける/d23l
1)
陽成天皇皇子元良親王
text/yamato/u_yamato137.txt · 最終更新: 2017/09/03 23:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa