Recent changes RSS feed

大和物語

第136段 また男日ごろ騒がしくてなんえ参らぬかく急ぎまかり歩く・・・

校訂本文

また、男1)、「日ごろ騒がしくてなん、え参らぬ。かく急ぎまかり歩(あり)く、ないないもえ参り来ぬをなん、いかにと、かぎりなく思ひ給ふる」とありければ、女、

  騒ぐなるうちにもものを思ふなりわがつれづれを何にたとへん

となんありけり。

翻刻

又おとこひころさはかしくてなんえ
まいらぬかくいそきまかりありくないない
もえまいりこぬをなんいかにとかきり
なくおもひたまふるとありけれは
をんな
  さはくなるうちにもものをおもふ
  なりわかつれつれをなににたとえん
となんありけり/d23r
1)
堤中納言藤原兼輔。135段参照。
text/yamato/u_yamato136.txt · 最終更新: 2017/09/03 17:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa