ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yamato:u_yamato134

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:yamato:u_yamato134 [2017/09/03 17:06] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +大和物語
 +====== 第134段 先帝の御時ある御曹司にきたなげなき童ありけり・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +先帝((醍醐天皇))の御時、ある御曹司に、きたなげなき童(わらは)ありけり。御門御覧じて、みそかに召してけり。これを人にしも知らせ給はで、時々召しけり。
 +
 +さて、のたまはせける。
 +
 +  飽かでのみ経ればなるべし逢はぬ夜も逢ふ夜も人をあはれとぞ思ふ
 +
 +とのたまひけるを、童の心地にも、かぎりなくあはれに思えければ、忍びあへで、友達に、「さなんのたまふ」と語りければ、この主(しう)なる御息所、聞きて、追ひ出で給ひにけるものか、いみじう。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  先帝の御時ある御さうしにきたな
 +  けなきわらはありけりみかと御らんしてみそかにめしてけりこれを人/d21l
 +
 +  にしもしらせ給はてときときめしけり
 +  さてのたまはせける
 +    あかてのみふれはなるへしあはぬ
 +    よもあふよも人をあはれとそ思ふ
 +  とのたまひけるをわらはのここちにも
 +  かきりなくあはれにおほえけれは
 +  しのひあえてともたちにさなんのたまふ
 +  とかたりけれはこのしうなるみやす所
 +  ききてをいいてたまひにけるものか
 +  いみしう/d22r
  


text/yamato/u_yamato134.txt · 最終更新: 2017/09/03 17:06 by Satoshi Nakagawa