Recent changes RSS feed

大和物語

第133段 同じ御門月のおもしろき夜みそかに御息所たちの御曹司ども・・・

校訂本文

同じ御門1)、月のおもしろき夜、みそかに御息所(みやすどころ)たちの御曹司(ざうし)ども見歩(あり)かせ給ひけり。御供に公忠(きんただ)2)さぶらひけり。

それに、ある御曹司より、濃き袿(うちぎ)一襲(かさね)着たる女の、いときよげなる、出で来て、いみしく泣きけり。公忠を近く召して、見せ給ひければ、髪を振りおほひて、いみじく泣く。「などて、かく泣くぞ」と言へど、いらへもせず。御門もいみじくあやしがり給ひけり。

公忠、

  思ふらん心の内は知らねども泣くを見るこそ悲しかりけれ

と詠めりければ、いとになくめで給ひけり。

翻刻

おなしみかと月のおもしろき夜
みそかにみやす所たちの御さうし
ともみありかせたまひけり御
ともにきむたたさふらひけりそれに
ある御さうしよりこきうちき一
かさねきたる女のいときよけなる/d21r
いてきていみしくなきけりきん
たたをちかくめしてみせたまひ
けれはかみをふりおほひていみし
くなくなとてかくなくそといへと
いらへもせす御かともいみしくあや
しかり給けり公忠
  おもふらんこころのうちはしらね
  ともなくをみるこそかなしかりけれ
とよめりけれはいとになくめて給けり/d21l
1)
醍醐天皇。131段132段参照
2)
源公忠
text/yamato/u_yamato133.txt · 最終更新: 2017/09/01 22:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa