Recent changes RSS feed

大和物語

第132段 同じ御門の御時躬恒を召して月のいとおもしろき夜・・・

校訂本文

同じ御門1)の御時、躬恒2)を召して、月のいとおもしろき夜、御遊びなどありて、「月を弓張(ゆみはり)といふは、何の心ぞ。そのよし、つかうまつれ」と仰せ給ひければ、御階(みはし)のもとにさぶらひて、つかうまつりける。

  照る月を弓張とのみいふことは山の端(は)さしていればなりけり

禄(ろく)に大袿(おほうちぎ)かづきて、また、

  白雲のこのかたにしもおりゐるは天つ風こそ吹きてきつらし

翻刻

おなしみかとの御とき躬恒をめして
月のいとおもしろきよ御あそひなと
ありて月をゆみはりといふはなにの
こころそそのよしつかうまつれと
おほせたまひけれはみはしのもとに
さふらひてつかうまつりける/d20l
  てる月をゆみはりとのみいふことは
  やまのはさしていれはなりけり
ろくにおほうちきかつきて又
  しら雲のこのかたにしもをりゐ
  るはあまつかせこそふきてきつらし/d21r
1)
醍醐天皇。131段参照。
2)
凡河内躬恒
text/yamato/u_yamato132.txt · 最終更新: 2017/09/01 21:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa