Recent changes RSS feed

大和物語

第131段 先帝の御時卯月のついたちの日鶯の鳴かぬを詠ませ給ひける公忠・・・

校訂本文

先帝1)の御時、卯月のついたちの日、鶯の鳴かぬを詠ませ給ひける、公忠(きんただ)2)

  春はただ昨日ばかりを鶯のかぎれるごとも鳴かぬ今日かな

となん詠みたりける。

翻刻

先帝の御ときう月のついたちの日
鶯のなかぬをよませ玉けるきんたた
  春はたたきのうはかりを鶯の
  かきれることもなかぬけふかな
となんよみたりける/d20l
1)
醍醐天皇
2)
源公忠
text/yamato/u_yamato131.txt · 最終更新: 2017/09/01 21:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa