Recent changes RSS feed

大和物語

第128段 この檜垣の御歌をなん詠むと言ひて数寄者ども集まりて・・・

校訂本文

この檜垣の御1)、歌をなん詠むと言ひて、数寄者(すきもの)ども集まりて、「詠みがたかるべき末を付けさせん」とて、かく言ひけり

  わたつみの中にぞ立てるさを鹿は2)

とて、末を付けさするに、

  秋の山辺やそこに見ゆらん

とぞ、付けたりける。

翻刻

このひかきのこうたをなんよむとい
ひてすきものともあつまりてよみ
かたかるへきすえをつけさせんとて/d19l
かくいひけり
  わたつみのなかにそたてるさをし□□
とてすえをつけさするに
  あきのやまへやそこにみゆらん
とそつけたりける/d20r
1)
檜垣嫗
2)
底本、「さをし」の下磨滅。諸本により「かは」補入。
text/yamato/u_yamato128.txt · 最終更新: 2017/08/31 19:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa