ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yamato:u_yamato127

大和物語

第127段 また同じ大弐の館にて秋の紅葉を詠ませければ・・・

校訂本文

また、同じ大弐1)の、館(たち)にて秋の紅葉(もみぢ)を詠ませければ、

  鹿の音(ね)はいくらばかりのくれなゐぞふりつるからに山の染むらん

翻刻

なむやりけるまたをなし大弐のた
ちにて秋のもみちをよませけれは
  しかのねはいくらはかりのくれなゐ
  そふりつるからにやまのそむらん/d19l
1)
小野好古。126段参照


text/yamato/u_yamato127.txt · 最終更新: 2017/08/31 19:23 by Satoshi Nakagawa