Recent changes RSS feed

大和物語

第122段 とし子が志賀に詣で来たりけるに増喜君といふ法師ありけり・・・

校訂本文

とし子が志賀1)に詣で来たりけるに、増喜君(ぞうきぎみ)といふ法師ありけり。それは、比叡(ひえ)に住む、院の殿上もする法師になんありける。

それ、このとし子の詣でたるに、志賀に詣で逢ひにけり。橋殿に局(つぼね)をしてゐて、よろづのこと言ひかはしけり。

今は、とし子帰りなんとしける。それに、増喜のもとより、

  会ひ見ては別るることのなかりせばかつがつものは思はざらまし

返し、

  いかなればかつがつものを思ふらん名残もなくぞわれは悲しき

となんありける。ことはりいと多くなんありける。

翻刻

としこかしかにまうてきたりけるに/d15l
増喜きみといふ法師ありけりそれは
ひえにすむゐんのてんしやうもする
法師になんありけるそれこのとしこの
まうてたるにしかにまうてあひに
けりはしとのにつほねをしてゐて
よろつのこといひかはしけりいまは
としこかへりなんとしけるそれにそ
うきのもとより
  あひみてはわかるることのなかりせは
  かつかつものはおもはさらまし
かへし/d16r
  いかなれはかつかつものをおもふらん
  なこりもなくそ我はかなしき
となんありけることはりいとおほく
なんありける/d16l
1)
志賀寺
text/yamato/u_yamato122.txt · 最終更新: 2017/08/30 17:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa