Recent changes RSS feed

大和物語

第121段 さねたうの少弐といひける人のむすめの男・・・

校訂本文

さねたうの少弐といひける人のむすめの男、

  笛竹の一よも君と寝ぬときは千種(ちぐさ)の声に音こそなかるれ

と言ひければ、女、返し、

  千々(ちぢ)の音は言葉のふきか笛竹のこちくの声も聞こえ来なくに

翻刻

さねたうの少弐といひけるひとのむす
めのおとこ
  ふゑたけのひと夜もきみとね
  ぬときはちくさのこゑにねこそなかるれ
といひけれは女かへし
  ちちのねはことはのふきかふえ
  たけのこちくのこゑもきこえこなくに/d15l
text/yamato/u_yamato121.txt · 最終更新: 2017/08/30 17:27 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa