Recent changes RSS feed

大和物語

第120段 太政大臣は大臣になり給ひて年ごろおはするに枇杷の大臣は・・・

校訂本文

太政大臣(おほきおとど)1)は、大臣になり給ひて年ごろおはするに、枇杷の大臣(おとど)2)は、えなり給はで、ありわたり給ひけるを、つひに大臣(だいじん)になり給ひにけるを、御よろこびに、太政大臣、梅を折りて、かざし給ひて、

  遅く疾(と)くつひに咲きける梅の花誰(た)が植ゑ置きし種(たね)にはあるらん

とありけり。

その日のことどもを、歌など書きて、斎宮3)に奉り給ふとて、三条の右大臣の女御4)、やがてこれに書き付け給ひける。

  いかでかく年切(としぎり)もせぬ種もかな荒れゆく庭のかげと頼まん

とありける。その御返し、斎宮よりありけり。忘れにけり。

かくて、願ひ給ひけるかひありて、左の大臣(おとど)5)、中納言わたり住みわたり給ひければ、種(たね)みな広ごり給ひて、かげ多くなり給ひにけり。

さりけるとき、斎宮より、

  花ざかり春は見に来ん年切もせずといふ種は生ひぬとか聞く

翻刻

貞信公(延喜十四年八月廿三日右大臣左大将如元卅五/延長二年正月廿二同左大臣八年九月摂政
おほきおととは大臣になりたまひて
年来おはするに
枇杷のおととは仲平(承平三年二月十三日右大臣/左大将如元同七年正月左大臣五十九)
えなりたまはてありわたりたまひ
けるをつひにたいしんになり給に
けるを御よろこひにおほきおとと
むめををりてかさしたまひて
  をそくとくつひにさきけるむめ
  のはなたかうへおきしたねにはあるらん
とありけりその日のことともをうた/d14l
なとかきてさい宮にたてまつり給と
て三条の右大臣の女御やかてこれにかきつ
け給ける(承平二年八月四同左大臣左大将定房薨/六十女御仁善子後為清慎公室)
  いかてかくとしきりもせぬたねもかな
  あれゆくにはのかけとたのまん
とありけるその御かへしさい宮よりあ
りけりわすれにけり(柔子母同延喜天徳三年薨)
かくてねかひたまひけるかひありて左
のおとと中納言わたりすみわたり給けれはた
ねみなひろこり給てかけおほく
なり給にけりさりけるとき/d15r
さい宮より
  はなさかり春はみにこんとしき
  りもせすといふたねはをひぬとかきく/d15l
1)
藤原忠平
2)
藤原仲平
3)
宇多天皇皇女柔子内親王
4)
藤原能子
5)
藤原実頼
text/yamato/u_yamato120.txt · 最終更新: 2017/08/27 23:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa