Recent changes RSS feed

大和物語

第112段 同じ女のちに兵衛の佐師尹に逢ひて詠みておこせたりける・・・

校訂本文

同じ女1)、のちに兵衛の佐師尹(もろただ)2)に逢ひて、詠みておこせたりける。風吹き、雨降りける日のことになん。

  こち風はまた日ぐらしに吹くめれど雨もよにはたよにもあらじな

と詠みたりけり。

翻刻

兼輔中納言四男天慶九年十二月蔵人
右兵衛佐天暦元年十月叙/d11r
おなし女のちにひやうゑのすけもろ
たたにあひてよみておこせたりける
かせふきあめふりける日のことに
なん
  こちかせはまたひくらしにふくめ
  れとあめもよにはたよにもあらしな
とよみたりけりひやうゑのすけは/d11l
1)
橘公平の三女。111段参照
2)
藤原師尹。ただし、諸本「兵衛の尉」とし、藤原庶正とも考えられる。
text/yamato/u_yamato112.txt · 最終更新: 2017/08/25 18:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa