Recent changes RSS feed

大和物語

第111段 大膳の大夫公平のむすめども県の井戸といふところに住みけり・・・

校訂本文

大膳の大夫(かみ)公平(きんひら)1)のむすめども、県(あがた)の井戸といふところに住みけり。おほいこは后宮(きさいのみや)に、「少将の御」といひてさぶらひけり。

三に当りけるは、備後の守信明(さねあきら)2)が、まだ若男(わかおとこ)なりける時になん、初めの男にしたりける。住まざりければ、詠みてやりける。

  この世にはかくてもやみぬ別れ路の淵瀬を誰に問ひて渡らん

となんありける。

翻刻

大膳のかみきんひらのむすめともあかたの/d10l
いとといふところにすみけりおほいこはき
さい宮に少将の御といひてさふらひけり
三にあたりけるは備後のかみさね(公忠卿子)あ
きらかまたわかおとこなりけるとき
になんはしめのおとこにしたりける
すまさりけれはよみてやりける
  このよにはかくてもやみぬわかれちのふ
  ちせをたれにとひてわたらん
となんありける/d11r
1)
橘公平
2)
源信明
text/yamato/u_yamato111.txt · 最終更新: 2017/08/25 14:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa