Recent changes RSS feed

大和物語

第108段 南院の今君といふは右京の大夫宗于の君のむすめなり・・・

校訂本文

南院の今君といふは、右京の大夫(かみ)宗于1)の君のむすめなり。それ、太政大臣(おほきおとど)2)の内侍の督(かん)の君3)の御方にさぶらひけり。それを、兵衛の督の君4)、あや君と聞こえける時、曹司にしばしばおはしけり。

おはし絶えにければ、常夏5)の枯れたるに付けて、かくなん、

  かりそめに君がふしみし常夏のねもかれにしをいかで咲きけん

となんありける6)

翻刻

南院のいまきみといふはう京のかみ
むねゆきのきみのむすめなりそれ
おほきおととのないしのかみ(かん歟)のきみの
御かたにさふらひけりそれをひやう
ゑのかみ(ん)のきみあやきみ(師平公)ときこえける
ときさうしにしはしはおはしけりおは
したえにけれはとこなつのかれた
るにつけてかくなん
  かりそめにきみかふしみしとこな
  つのねもかれにしをいかてさきけん/d10r
となんありけり/d10l
1)
源宗于
2)
藤原忠平
3)
藤原貴子。「督(かん)」は底本「かみ」、「かん歟」と傍書。
4)
藤原師尹
5)
なでしこ
6)
底本「ありけり」。文脈により訂正。
text/yamato/u_yamato108.txt · 最終更新: 2017/08/24 12:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa